余震はいつまで続くのか?その48 (二階層化の完成)

毎度のお付き合いをありがとうございます。

お待たせいたしました(と、何人かの方は、待っていてくれたと勝手な解釈)
やっとのことで、予測式の二階層化構想がまとまり、皆さまへのご披露となります。
震度の予測35.jpg

見ての通り、
予測曲線が”“,”“の二種類ありますが、それぞれの特性として、
“:M6以上の可能性を示し、発生の有無に係わらず、現時点でM5.9でリセットが掛かります。
       +誤差(M0.65)のみを記載したのは、リスク側を提示するためです。平均伸び率はM1.0/20日です。
“:M6未満の可能性を示し、発生の有無に係わらず、現時点でM5.0でリセットが掛かります。
       同様に+誤差(M0.50)のみを記載しました。平均伸び率はM1.0/18日です。
さて、
このグラフから見えてくるのは、M6級の可能性は常に存在しており、微妙なバランスで発生に至らないケース
があることです。
一例として、6/14の予測曲線”“は、最大M7.3程度の可能性がありながら、実際は、
M5.9によってリセットされ、事なきを得ました。

今後の予測曲線を見てみると、
7/21辺りからM7級の可能性が出て来ますが、これは可能性を示すのみで、発生するとは限りません。

予測の二階層化の完成で、
結果的に次の余震規模が分かりにくくなってしまったと感じると思いますが、私もそれは認めます。

ただ、大きな余震を見逃してしまうよりは、
その可能性があれば、示しておきたいと考え、出てきた答えが二階層化ロジックだったのです。

次回の予測日時に計算ミスがあり、若干修正しました。
至近の日時のみ、掲示しておきます。

  ------月齢--月出3h前--南中時--南中3h後--
 7/14(木)  12.8   15:05    23:07   翌2:07 
 7/17(日)  15.8   16:57     0:49    3:49
 7/19(火)  17.8   17:54     2:18    5:18

またも何か変化があれば、タイムリーにお知らせしたいと思います。

では、また。

午後3時は東北震源か?

携帯からの更新につき、要点のみ。
先ほど10:35に宮城県沖でM4.8の余震がありました。
気になって調べたところ、やはり、7/10のM7.3の5時間前にも、同様に前震と思われるM4.3の余震がありました。
今日は、お知らせの通り、特異日ですので、以上の状況から察するに、東北を震源とするM6.5超の余震の可能性が考えられます。
どうか、お怪我などされぬよう、十分ご注意下さい。

追伸
14:48にも宮城県沖でM4.4がありましたが、予測値Aのリセット(M5.9+)には遠くおよびませんので、引き続きの注意が必要だと思います。

追伸2
既に予測時刻を1時間以上経過しましたので、午後3時の余震発生は過ぎ去ったと判断しますが、
再度、M4クラスの余震が断続的に続いて、その後、午後6時頃で有感地震がピタッと止まると、
次の予測時刻が午後11時(5時間後)ですので、まだまだ気を緩めるのは時期尚早と考えます。

余震はいつまで続くのか?その50 (特異日2)

毎度のお付き合いをありがとうございます。

おはようございます。
昨晩の小休止状態の後の余震が、私の予想より1時間遅れ、規模もM3.3程度と予測を大きく下回っていました。
震度の予測37.jpg

このため、グラフでも見ての通り、影響が現れており、
予測値”“,”“ともに、約M0.1ほど上昇してしまいました。(ちなみにM5が来ていれば、上昇はありませんでした)

今日は、昨日も申した通り「特異日」になります。以下これからの日時を再掲します。
  ------月齢--月出3h前--南中時--南中3h後--
◆7/14(木)  12.8   15:05    23:07   翌2:07 
  7/17(日)  15.8   16:57     0:49    3:49
  7/19(火)  17.8   17:54     2:18    5:18
  7/20(木)  18.8   18:21     3:00    6:00
◆7/21(木)  19.8   18:48     3:41    6:41
  7/22(金)  20.8   19:17     4:23    7:23
  7/26(火)  24.8   21:52     7:27   10:27
(◆は特異日)

どうか、皆さまには、十分ご注意ください。
大きいのが来る前に、適度にリセットが掛かってくれるよう、神さまにお願いですね。

では、また。

余震はいつまで続くのか?その49 (特異日)

毎度のお付き合いをありがとうございます。

昨日完成したばかりの
予測式の二階層化について、早速今日、読者の方から、その解釈についての問い合わせがありました。
予測値は、プレートの大きな歪みの解放に連動する動きであり、予測値は、プレートの局所的な歪みの解放に
連動する動きではないか、と言うものです。

この解釈は、
正に私のイメージそのものです。世の中、察しの良い方は沢山いるものだと感心しました。

さて、現在のグラフの状態ですが、このところコンスタントにM5クラスの余震が続いており、予測値は、ほぼM5で
横ばいのままですが、予測値は不気味に上昇を続けております。
震度の予測36.jpg

ここで、注目すべきは、
余震確率(※)を見てみると、特に余震確率が3倍超の日は、特異的にM6クラスの余震が発生している点です。
(※余震の平均発生頻度を1.0とした場合の倍率)
7/10のM7.3も、正に、この特異日のタイミングで発生しています。

そこで、
この後の余震確率を見ると、7/14,21が特異日に該当することが判ります。
特に、7/21は、このままM5.9以上のリセットが掛からないと、最悪ケースでM7クラスの再来となります。

皆さまには、この日は特にご注意下さい。ちなみに、時間帯を抜粋すると、以下になります。
  ------月齢--月出3h前--南中時--南中3h後--
 7/14(木)  12.8   15:05    23:07   翌2:07 
 7/21(木)  19.8   18:48     3:41    6:41

ここからは蛇足と言うか、全く仮説の域を出ませんが、
M7の余震がM5.9でリセットが掛かっているとすれば、エネルギー比でM7/M5.9=10^[1.5*(7.0-5.9)]≒45倍。
つまり、本体のたった2%強の局所的なエネルギー解放でも、巨大地震を抑制する効果があるということになります。

あくまでも、
私の感覚論ですが、地震は意外に非常に微妙なバランスの上に成り立っているのではないかと考えています。

そう言えば、今日は17:35の福島県沖でM4.2を最後に、もう4時間以上も有感地震がありません。
今までの経験則から行くと、そろそろ中規模(M5クラス)以上の余震があるはずです。
時間帯としては、本日の月南中時の22:11前後と思われます。

では、また。

予測式を改造中2

毎度のお付き合いをありがとうございます。

2階層化ロジックは
何となく形にはなって来ましたが、まだ皆さまにご披露する段階ではないので、
完成するまで、少々のお待ちを。

今日は、お昼頃の予測が大体合っていたところでしょうか。

次の予測日時を再掲しておきます。
  ------月齢--月出3h前--南中時--南中3h後--
 7/14(木)  12.8   15:05    23:07   翌2:07 
 7/15(金)  13.8   15:48    23:59   翌3:59   
 7/17(日)  15.8   16:57     0:49    3:49

この辺りの日時てば、大きいのは来ないと考えています。

では、また。

1 438 439 440 441 442 453