美味しいバター

毎度のお付き合いをありがとうございます。

今日は、食材についてお話したいと思います。

私、お店に並んでいるものを見て、ほんとう久々に感動してしまいました。
日本ではナカナカ手に入らないバター、その名も「LURPAK(ルーパック)
があったんですよぉ~。
しかも、沢山。
場所は、水戸京成百貨店の地下食材売り場。
LURPAC.jpg

ことの始まりは、以前3年に一度家族旅行で行っていた、
セブ・マクタン島のシャングリラホテルにあるコンチネンタルスタイルのレストラン。
(写真は、ディナーの食卓を撮ったものにたまたま写っていたものです)
CEBU-LURPAC.JPG
妻「やっぱり、こういうとこだとジャムとかバターも見たことないのばかりよねぇ」
私「そうだね。このバター(LURPAK)なんて読むのかな」。。。
ウェイトレスさんに聞くと「ルーパック」というらしい。
しかも、これが最高に美味しいのですよぉ。

早速、部屋に戻ってネットで調べると、何と1901年から続く北欧デンマークの乳製品メーカー。
世界で一番安全で安心なバターであると、自信たっぷり堂々と書いてある。
確かに、デンマークの国旗とホルンがデザインされてますわ。

これが本当に、すばらしく美味しいんですよ。

幸運にも「LURPAK」を手に入れたこの日は、
セブを懐かしみながら、贅沢にも手製のパンに(ホームベーカリーですが)入れて
焼いてみました。
LURPAKパン.JPG
翌朝のパンが格別だったのは、言うまでもありません。

皆さまも、この「LURPAK」何とか入手して、是非一度ご賞味あれ。
お勧めの一品です。

では、今日はこのへんで。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA