お風呂の保温について 再考2

毎度のお付き合いをありがとうございます。

このところ、真冬の様な寒い日が続いており、どうしてもお風呂について
考えてしまいます。

ということで、
今回は、お風呂に人が入ると、どれくらいお湯が冷めるのか?
を計算してみようと思います。

40℃で200L のお湯に、36.5℃で60kg(60Lと考える)の人間が入る
場合を想定しますと、カロリーの考えから以下のように計算できます。

 40℃ ×200L = 8,000kCal
36.5℃× 60L = 2,190kCal
---------------------
  合 計  260L =10,190kCal

 ⇒10,190kCal÷260L=39.2℃

と言うことで、
計算上では、体温が39.2℃まで上がり、お湯は0.8℃下がる。

やっぱり、お風呂は人が入るだけで、少しぬるくなるようです。

では、凍てつくような真冬に、冷えきった体でお風呂に入るとどうなるか?
計算上ですが、体表面温度の平均を34.0℃として計算すると、

 40℃ ×200L = 8,000kCal
34.0℃× 60L = 2,040kCal
---------------------
  合 計  260L =10,040kCal

 ⇒10,040kCal÷260L=38.6℃

同様にして、
計算上では、体温が38.6℃まで上がり、お湯は1.4℃下がる。

温度としてはチョットの差ですが、体感温度はそれ以上の差に感じられるはずです。

夏に比べて、冬の方がお湯の温度を1~2℃高めに設定するのは、このへんの感覚
から来る、生活の知恵なのでしょうね。

では、また。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA