GOPAN (ごパン) の予約受付中止 [なぜそんなに?]

毎度のお付き合いをありがとうございます。

世界初、直接お米からパンが出来る「GOPAN」の予約販売が想定を上回る勢いで、
とうとう発注受付を来年4月まで延期したと、ニュースで出ていました。

記事によると、この製品の回転部分には特殊な構造があり、製作に手間がかかるため
中国の工場をフル稼働しての最大限での見通しでも、来年3月までに生産可能な台数
5万8000台を売り切ってしまったための措置らしい。

以前、このブログでは一台5万円という値段を考えると、ただコスト面のみの評価だと、
元を取るのに5年(1000斤分くらい)はかかるので、その面でのメリットは無いと書き
ましたが、これだけの人気ぶりには別の理由からの需要がありますな。

最大の理由は、「小麦アレルギー」です。
「小麦ゼロコース」を使えば、これまで「パン」を食べられなかった方々でも、食する
ことができる。(あとは単に新し物好きとか)

じゃぁ、小麦アレルギーの方々は日本にどのくらい居るのか。
調べてみると、人口の0.8%ほどなので、1億2500万人×0.8%=100万人
また、日本の朝食はパン派という家庭は40%なので、およそ40万人が小麦アレルギーの
ためにパンを食せない計算となります。

一世帯平均が2.55人とすれば、40万人÷2.55人=15.7万世帯。

この方々が皆、心待ちにしていた製品だとすれば、需要は現在の注文数5万8000台の
2.7倍あるので、(全家庭が買えば)あと10万台は売れる商品という計算です。

本当かなぁ

個人的には、やっぱり5万円あったら、高級炊飯器で美味しい「ごはん」の方が魅力ある
と思いますが。。。

では、また。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA