地震のリアルタイム観察について

毎度のお付き合いをありがとうございます。

このところ、
地震に関して色々と調べているのですが、便利?なツールを見つけましたので、
ここで、ご紹介したいと思います。

強震モニタ」というもので、
独立行政法人防災科学技術研究所が、各地の震度計データから、最大加速度と
リアルタイム震度を時々刻々(2秒更新)と表示しています。
強震モニタ.jpg

しばらく観察していると、
震度1にも満たない小さな地震が、数分おきに発生していることが判ります。
やはり、今回の余震域での発生頻度が高い様に感じます。

でも、良く見たら、震度ってマイナス表示もあったのですね。
考えてみれば、元々数学的には対数表記なので、当たり前のことなのですが。

もちろん、
大きな地震が発生すれば、その振動が日本国中に拡散していく様子も見えますので、
自分のところまで地震が到達する前に、何かしらの避難行動を取ることも可能です。

でも、四六時中こればかり見てはいられませんので、やはりテレビの緊急地震速報
が一番便利ですよね。(最近、誤報も多い様ですが。。。)

では、また。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA