余震はいつまで続くのか?その8 (M5.5以上)

毎度のお付き合いをありがとうございます。

さて、
先日は、今後の余震活動について、これまでのデータから推察される発生確率の高い日時を
ご紹介しました。

再度、同様の解析をM5.5以上のデータについて実施したところ、若干異なる傾向が出ま
したので、ご紹介しておきます。

月齢では、
8.2,12.3,19.7をピークとして、最大で平均の3.6倍の頻度で余震が発生していました。

また、月の位置関係(時間帯)としては、
月南中の3時間後が他の3倍の頻度で余震が発生していました。

地震と月2.jpg

そして、これらの傾向をまとめると、
今後、M5.5以上の余震発生の確率が高い日時は、以下の様に考えられます。

 -------月齢--南中3時間後----
  6/10(金)   8.2     21:41

  6/14(火)  12.2     翌1:25

◆6/21(火)  19.2      6:41

◆6/22(水)  20.2      7:23

(◆は特に確率が高い日)

くしくも、
2004年スマトラ沖地震(M9.1)との類似性から予測された、6月中旬にM8.3の最大余震が
房総沖で起こる可能性について、さらなる信憑性を加えてしまいました。

願わくば、この予想が当たらないことを祈ります。

では、また。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA