余震はいつまで続くのか?その16 (4/11にもM7.1があった)

毎度のお付き合いをありがとうございます。

そして、毎日数多くのアクセスをいただき、重ねてお礼申し上げます。

さて、一昨日ご紹介しました、
本震M9.0から3日後の3/14を起点とした余震規模予測の検証結果について、
念のため、気象庁発表の地震データを確認したところ、意外にデータの修正が多く、
7/7の余震はM7.1→M7.4となり、更に、7/11にM7.1の余震が追加
されていました。

これは放置できないので、ロジックの再度検証(最適計算のやり直し)をしました。
震度の予測5.jpg

結果、”“はほぼ正解、”“についても、一応、M0.5の誤差範囲を許容すれば、
ロジックに収まっている事が判りました。

ただし、”“で示した部分では、予測M6.6に対して、実績M5.7とM0.9の過大予測
となっており、イレギュラーのあることも判明しました。

しかしながら、
唯一救われるのは、過小予測(予測値より遥かに大きい余震が来る)が無いことです。

今後も何か問題があれば、可能な限り検証を欠かさず、精度の高い余震規模の予測
をして行きたいと思いますので、よろしくお願い致します。

では、また。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA