余震はいつまで続くのか?その29 (直前予測4)

毎度のお付き合いをありがとうございます。

今日も、既に400超のアクセスをいただき、ありがとうございます。
嬉しい限りです。

さて、今回は、直前予測シリーズの第4弾となります。
6/23の余震M6.7以来、今日で6日間もリセットレベル(M5.6以上)の余震が発生していません。

さすがに、
これだけの期間、エネルギーの蓄積があると、少しずつですが予測曲線も上昇してきており、
つい先ぼどの値ですが、ほぼM6.0に達してしまいました。(赤い線の”“を右側スケールで読みます)
震度の予測17.jpg

前回の余震M6.7では、
月の南中時刻の約2時間後に発生しており、更に12時間後にM5.3(M6.7以降の6日間での最大余震)
が発生しております。
この12時間後ですが、調べてみると、やはり月の出の3時間前でした。

私のこれまでの余震データ分析からも、M5.5以上では特に月の南中時刻の3時間後月の出の3時間前は、
余震の発生頻度が、他の時間帯の約2~3倍であることが判っています。

実は、この2つの月の位置関係は、何れも月からの潮汐力が水平から45度の方向になる位置関係なのです。

これは、私の想像ですが、
良く見られる山の稜線の角度や、砂山が自然に崩れる角度がほぼ45度になっていることに関係していて、
もしかすると、余震域の断層の角度も45度程度のものが多く、この月の位置関係で余震の発生頻度が多く
なっている要因ではないかと考えております。

最後に、今後予定される余震の発生日時を再掲しておきます。
  ------月出3h前--南中3h後--
 6/29(水)   翌0:03    (不発でした)
 6/30(木)   翌1:01    13:32

ここに来ては、やはりM6以上を覚悟しておいた方が賢明でしょうか。

今後も、何か変化があれば、適宜お知らせしたいと思いますので、よろしくお願い致します。

では、また。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA