月の位置関係(潮汐ベクトル方向)と震源域予測の可能性について

毎度のお付き合いをありがとうございます。

前回の「余震はいつまで続くのか?その68」の中でご紹介した震源地予測の可能性について、
更に、過去のM6クラスの余震を検証した結果、以下の様な傾向にあることが判明しました。

    --月出3h前--南中3h前--南中3h後--月入3h後--
震源域  千葉東方沖   福島浜通り   岩手沖    宮城沖
候補地   三陸沖     茨城内陸             三陸沖

これで一応、余震の日時、規模、震源域の3点セットが揃ったことになります。
(注:これまでの余震実績からの推定ですので、どうしても東北地方が多くなっています)

これからは、この3点セットでご紹介していきたいと思いますので、よろしくお願い致します。
  ------月齢--月出3h前--南中3h前--南中3h後--月入3h後--
震源域           千葉東方沖   福島浜通り   岩手沖    宮城沖
候補地             三陸沖    茨城内陸             三陸沖

◇7/23(土)  21.8   18:18     0:33     6:32    13:29
  7/24(日)  22.8   18:52     1:19     7:20    14:32
◇7/25(月)  23.8   19:41     2:16     8:19    15:41
  7/26(火)  24.8   20:39     3:17     9:21    16:50
(◇は予備日)

さて、皆さまには、既にご承知のこととは存じますが、
これまでの予測実績からも、私の予測に空振りが多いことは明らかですね。
これは、私の予測がM5.4程度以上の統計に基づく余震発生の可能性(確率論)を思考している事に起因します。

例えば、
M5.4以上の余震は、この一ヶ月平均で3日に1回程度ですので、当然空振りが多いことになります。
したがいまして、私の予測は、防災の一助とお考えいただき、参考程度にご覧いただければ幸いです。

では、また。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA