余震はいつまで続くのか?その107 (静寂2)

毎度のお付き合いをありがとうございます。

やはり、8/19のM6.8のインパクトは大きかったらしいと見たい。
事実、この日を境としてM5クラスの地震が発生していないのと、比較的多頻度のM4クラスの影響でグラフの
上昇も、かなり穏やかになっているようである。
震度の予測88.jpg
(20:23茨城県沖でM6.0の発生により、グラフを差し替えました)

とは言え、予測Aの現在値(18:40)M5.876に+誤差M0.65を加えればM6.53であり、常にM6は意識しておきたい。

さて、海水温度の方ですが、こちらも日本全体が日に日に穏やかになってきているのが判ります。
昨日の見解通り、決して安心はできませんが、私としては、まだしばらくは静寂が続くのではないかと考えています。
ただ一つ気になるのが、沖縄の東側(フィリピン海~北太平洋)に出現した南海トラフに向かう大きな流れである。
海水温解析9.jpg

こちらは、今後の動向について、注意深く観察して行かなくてはならないと考えております。

以下、今後の予測日時です。
(注)上下2段で一日分の予測時刻を表していますので、上下で順不同の場合があります。

A 宮城沖、福島沖、千葉東方沖、駿河湾
B 三陸沖、福島沖、茨城沖、千葉東方沖
C 宮城沖、福島内陸、福島沖、茨城北部、和歌山北部
D 三陸沖、岩手沖、宮城沖、福島沖、茨城北部、茨城内陸、茨城沖、千葉東方沖

(A月出6h-)(B月出3h-)(C月出)(D南中3h-)
 (A南中) (B南中3h+)(C月入)(D月入3h+)

☆8/22(月)15:17 18:16 21:16 00:51
-----03:50 06:50 11:11 14:11
△8/23(火)16:18 19:18 22:17 01:52
-----04:51 07:51 12:17 15:17
△8/24(水)17:44 20:43 23:43 02:58
-----05:57 08:57 13:22 16:22
☆8/25(木)19:01 22:00 –:– 04:07
-----07:06 10:05 14:25 17:24
◇8/26(金)20:23 23:22 00:59 05:15
-----08:15 11:14 15:23 18:22
◇8/27(土)21:49 –:– 02:21 06:24
-----09:24 12:23 16:19 19:18
◇8/28(日)22:46 00:48 03:47 07:35
-----10:34 13:33 17:12 20:11
△8/29(月)23:54 01:46 04:46 08:18
-----11:18 14:18 17:40 20:40
△8/30(火)–:– 02:54 05:54 09:08
-----12:08 15:09 18:13 21:13
△8/31(水)00:48 03:49 06:50 09:44
-----12:45 15:45 18:32 21:32
凡例
 ★ 特異日(確率3倍超)
 ☆ 注意日(確率2倍超)
 ◇ 予備日(平均確率)
 △ 平均以下の日
※予測誤差はこれまで±40分目安したが、ここ最近、誤差が1時間を超えるケースが増えて来ました
 CMT解析でも、典型的な逆断層型か正断層型なので、今のところ誤差の原因が特定出来てません。
 少しずつ、予測した時刻に符合する動きにはなってきましたが。

毎度で恐縮です、繰り返しになりますが、
くれぐれも、皆さまには、強い揺れへの備えと、就寝環境(※)の再確認をよろしくお願い致します。
(※近くに落下物が無いないか、照明類を手の届く範囲に置くなど)

では、また。

追伸
今しがた、20:23茨城県沖でM6.0最大震度3の地震がありました。
即時CMT解析では、典型的な逆断層(圧縮型)なので、本来Dグループに属するはずですが、
予測Cグループの21:16と符合して発生しました。
やはり、M6クラスは、予測より早めに発生する傾向があるようです。
幸いにも、深さ30kmで沿岸から120km沖合のため、規模の割に本土への影響は最小限で済みました。
今回も、またまた、神さまの手加減(ご加護)がありましたね。
日本には、八百万の神々(やおろずのかみがみ)が居て、我々を守ってくれていると思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA