トルコでM7.2の地震発生

私もニュースで知ったのですが、本日19:41(JST)にトルコ東部の国境付近でM7.2の地震が発生しました
磁気嵐解析39.jpg
地元メディアの国営アナトリア通信によると、イランとの国境に近いワンで複数の建物が崩壊するなどの被害があり、死傷者が出ているもようだ。
また、死傷者の数は明らかになっていないが、特に震源地に近いワンでは7階建てのビルが倒壊し、がれきの下に閉じ込められた人がいるとみられ、現在も救助作業が行われている。
その他にも、アパート25棟と寄宿舎1棟が倒壊しているらしい。

なお、M7.2で深さ20kmの直下型となれば、ほぼ阪神淡路大震災と同規模の震度7相当であることは言うまでもない
USGS(アメリカ地質調査所)では、震度の世界標準(改正メルカリ震度基準10段階)で最高の10としている。

ちなみに、この地震、10/21 4:00(JST)の磁気嵐から約64時間後で、第1ピーク終わりのタイミングとなる。
また、10/16 23:00(JST)の磁気嵐から約140時間後の第3ピークの時間帯とも重なっていた。

その後も同じ震源域で立て続けに、約10後M5.6、約30後M4.9と追い打ちをかけるように余震が続いている。

私の予測表では、
Aグループ20:02に相当する時間帯でしたが、日本ではなく、トルコでの地震発生となりました。
(青字は磁気嵐の影響から、地球規模の現象であるため、地震発生が日本に限らないことが良く判りました)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA