南米ペルー中部でM6.9の地震

今朝早朝10/29 3:54(JST)に南米ペルーの中部でナスカの地上絵にもほど近い、イーカという都市
(人口21万人)から西に約60kmの地点でM6.9の地震(深さ24km)があった。
磁気嵐解析44.jpg

USGS(アメリカ地質調査所)によると、
最も近い都市イーカでは、震度の世界標準(改正メルカリ震度基準10段階)でやや強い6としている。
北に約300km離れた首都リマでも揺れを感じたという。(加速度で見ると震度3相当となるようだ)
地元テレビなどによると、約20人が負傷、レンガ造りの建物の壁が崩れるなどの被害が出たという。

ちなみに、この地震、
10/25 4:00(JST)の磁気嵐から約96h後で、第2ピーク100hに差し掛かるタイミングでの地震となる。

先日9/23のトルコ地震や今回の南米西側は、地震の多発地帯であり、いつ大きな地震が起きても不思議
では無いとしても、M7クラスとなれば、各地とも数年単位の間隔があるはずだが、磁気嵐とのタイミングが
私の調査した統計結果とあまりにも符合し過ぎていると感じます。

今後、日本でも先の磁気嵐とリンクしたM7クラスの地震発生は十分に可能性が残されております

引き続き、皆さまには、いつ大きな揺れが襲ってくるかもしれませんので、十分な備えをお願い致します。

また、何か変化があれば、お知らせしたいと思います。

では、また。


2 comments

  • SECRET: 0
    PASS:
    アクセスありがとうございました。
    私は千葉県出身で、実家は利根川渡ったらすぐ茨城のところにございます。
    沖縄移住して、やがて16年になろうとしております。
    これからもよろしくお願いしまぁす。

  • SECRET: 0
    PASS:
    背番号のないエース0829さん
    はじめまして、BOPPOです。
    少しだけですが、背番号のないエース0829さんのブログを拝読させていただきました。
    沖縄に移住されたとは、存じませんでした。
    そちらでも、東日本ほどではないにしても、時たま大きな地震が発生することもあると思いますので、拙ブログで時間帯だけでも参考にして戴ければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA