余震はいつまで続くのか?その188 (リセットは見送り)

毎度のお付き合いをありがとうございます。

今日は、速報的に日中書き込みましたが、
遂にM7クラスが発生、11時59分沖縄本島北西沖M6.8震度4の地震がありました

海水温度とHi-netによる震央分布の合成図では、発生数こそN=472で若干少なめですが、
M4~5クラスは10回以上あり、やはり低温域と高温域の境界で発生しております。
海水温解析69.jpg

そくて、本来であれば、これで8/19以来、実に80日ぶりのリセットと言いたいところですが、
やはり、今回の震源域が、本震のあった東日本と余りにかけ離れた沖縄であったことから、
今回のリセットは見送ることと致しました。

その理由は、至近のM6~7クラスの発生を見落とさない為の安全サイドの考えからです。
以前、8/17「余震はいつまで続くのか?その104 (失敗は成功のもと)」で触れたように、余震域から
離れた場所(日本海溝の東側)でリセットをかけて、その後のM7クラスの予測に失敗した経験があり、
今回の判断に至りました。

したがって、ロジックのグラフは、
以下のように予測AはM7の発生、予測Bは至近でのM6の発生を示唆したままで、変化ありません。
震度の予測157.jpg

今回の発生した沖縄のM6.8は、
11/2 19:00の磁気嵐から138hで第3ピークにあたる時間帯でリンクしたものと考えますが、
まだまだ、予測表には、磁気嵐とリンクする日時が残っていることを忘れないでください

引き続き、皆さまには、いつ大きな揺れが襲ってくるかもしれませんので、十分な備えをお願い致します。

これらを考慮した予測表を以下に掲載します。(磁気嵐に合わせて11/11まで掲載しております)
※M7超の震源が横ずれ断層となるのは、非常に稀ですので、予測時刻に近い時間帯で発生するものと、
 考えております。
 また、M5超では予測時刻より1h早い時間帯に若干のピークが確認されております。

(注)上下2段で一日分の予測時刻を表していますので、上下で順不同の場合があります

A 浦河沖、宮城沖、福島沖、千葉東方沖、駿河湾
B 三陸沖、福島沖、茨城沖、千葉東方沖
C 秋田内陸、宮城沖、福島内陸、福島沖、茨城北部、和歌山北部、
D 三陸沖、岩手沖、宮城沖、福島沖、茨城北部、茨城内陸、茨城沖、千葉東方沖

(A月出6h-)(B月出3h-)(C月出)(D南中3h-)
 (A南中) (B南中3h+)(C月入)(D月入3h+)

△11/8(火) 08:11 11:11 14:11 17:53
-----20:53 23:53 02:47 05:47

★11/9(水) 08:57 11:57 14:57 18:52
-----21:52 –:– 03:58 06:58

☆11/10(木)09:48 12:48 15:48 19:55
-----22:54 00:52 05:10 08:10

△11/11(金)10:36 13:36 16:36 20:52
-----23:52 01:54 06:18 09:18

凡例
 ★ 特異日(確率3倍超)
 ☆ 注意日(確率2倍超)
 ◇ 予備日(平均確率)
 △ 平均以下の日
青字は、最近発生した磁気嵐にリンクする以下の日時を示しています。
初期15h~22h,#1ピーク40h~60h,#2ピーク95~105h,#3ピーク135~145h,#4ピーク195~205h

なお、最長の250h後も考慮すれば、今回の磁気嵐による影響は11/12頃まで残るものと考えます。
※予測誤差は±60分で、全有感地震の約70%以上が符合しております。

毎度で恐縮です、繰り返しになりますが、
くれぐれも、皆さまには、特に就寝環境(※)の再確認をよろしくお願い致します。
(※近くに落下物が無いないか、照明類を手の届く範囲に置くなど)

また、何か変化があれば、お知らせしたいと思います。

では、また。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA