ロシアでM6.6発生!

笑顔毎度のお付き合いをありがとうございます。
USGSによると、
昨晩12/28(水)0:21(JST)にロシアのアルタイ共和国でM6.6震源深さ7kmの地震がありました。ビックリ
磁気嵐解析156
震源地はモンゴルとの国境近くで、西方100kmには人口数万のスグルと言う都市がありますが、メリカル震度4(日本の震度3相当)で済んだようです。ただ、50km以内にも小都市はあり、そこではメリカル震度6でそれ相当の被害はあると思いますが、被害の情報はまだ無いようです。数日しないと情報も届かないのかも知れません。
私のご提示している予測表の検証として、ロシアのアルタイ共和国との時差-3hを考慮すると、M6.6の発生時刻12/28 0:21(JST)は、現地時間で12/27 21:21となり、Dグループの21:42が符合します。
このように、M5クラス以上の地震であれば、日本との時差を考慮することで、世界中の地震の発生時刻を知ることができます。
右側のフリーエリアにあるグラフは、2011/6/15~9/15(92日間)のUSGSデータで、このような検証をした結果を表わしています。
ところで、磁気嵐ですが、
もう第1波の到着予定時刻を過ぎておりますが、以下のように全く兆候がありません磁気嵐解析157
磁気嵐ロジックからは、2つの磁気嵐の間隔が縮まるとピークが大きくなることから、私としても、今後の推移について監視を継続してまいります。
また、何か変化があれば、お知らせしたいと思います。
では、また。バイバイ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA