2つのロジックの一致

笑顔 毎度のお付き合いをありがとうございます。
先出のグラフですが、ここに来て、2つのロジックの示唆する答えが一致して来ている様に思えます。
まずは、グーテンベルグ・リヒター則を基礎に、地震規模の予測まで発展させた予測A,Bロジック。
1/28「予測A,Bロジックの気になる曲線」でご紹介したZ曲線から、2/5(日)M6.2 ~ 2/11(土)=M6.6
震度の予測174
つづいて、過去40年の磁気嵐と地震発生までの遅延時間を統計処理して、地震規模の予測をしている、
2/1「余震はいつまで続くのか?その261 (磁気嵐スパイラル50)」でご紹介の磁気嵐ロジックから、
少なくとも、2/7(火)までは確率20%超でM6クラス発生を示唆。
磁気嵐解析271
2つの全く違うアプローチから出された結果が、ほぼ同じ答えを示唆していることに、偶然以上のものを感じております。
現在の日本の状況は、いつM6クラスが発生しても不思議ではありません。それは内陸部も同じです。
◆明日2/3の夕方は40%台の魔のくぼみがあり、3/11のM9と同条件です。注意
皆さまに於かれましては、引き続き今一段の警戒をよろしくお願い致します。
では、また。バイバイ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA