予測A,Bロジックのもう1つ気になる事

今日も、予測A,Bロジックに国内地震の実績を入力していたら、また1つ気付いた事があります。
震度の予測175
1/31~2/6の一週間だけ、青い丸で囲った部分の地震が無いのです。
この欠けた部分を埋めるのに等価な地震エネルギーを赤い丸で囲った部分で試算してみました。
式の嫌いな方は、結果だけ見て下さい。 結果:M5.57
S=Log[10^(1.5*M5.1)*2+10^(1.5*M5.0)*1+10^(1.5*M4.9)*1+10^(1.5*M4.8)*1+10^(1.5*M4.7)*2
    +10^(1.5*M4.6)*3+10^(1.5*M4.5)*2+10^(1.5*M4.4)*1+10^(1.5*M4.3)*1]/1.5 = M5.57
この値は、現時点の予測Bの誤差下限値=M5.7とほぼ同じです。偶然にも良く一致しました。
もう、曲線Zと予測Aの交差する2/11が近付いてまいりました。
磁気嵐ロジックからも、今週は、1つの山場と見ております。
もう1つ、元旦の鳥島近海M7.0では、予測AとBとの差がM0.5以下になっておりました。
ちょうど2/11で予測AとBとの差が0.5となります。
偶然が3つも重なることは、奇跡に近いことだと思います。(まさにミラクル)
私に出来ることは、毎日データを解析して情報を発信することだけです。
ましてや、皆さまを直接お守りすることは出来ません。
私のデータ解析の基礎となっている、グーテンベルグ・リヒター則によれば、残された余震は、
M8が1回とM7が4回です。
私は、必ず来るものと信じてブログ活動を続けております。
(最近話題となっている新たな震源域とは、別のものとして考えて下さい)
どうか、その時になって慌てないように、準備だけはよろしくお願い致します。
では、また何か変化があれば、お知らせ致します。バイバイ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA