気象衛星画像には異変なし

これは参考情報として、ご覧下さい。
3/14に三陸と銚子沖でM6~7が連発した日
気象衛星画像には、当日の内に両震源域に異変が見られました。
ただ今、私が気象衛星画像の連続画像で見た限りでは、
その様な異変は、日本周辺の沿岸に近い部分には無いようです。
http://www.jma.go.jp/jp/gms/largec.html?area=0&element=1
念のため、強いて疑わしき変化を言うならば、
東南海のはるか沖合と沖縄近海、十勝沖に若干の雲の湧き上がりが見られます。
皆さまには、引き続きの警戒をよろしくお願い致します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA