HAARP Induction Magnetometer の変化について

笑顔 毎度のお付き合いをありがとうございます。 (本日は通院のため、お休みを取っております)
それにしても、もの凄い嵐です。
全国的に、台風をも凌ぐ強烈な嵐になっておりますが、皆さまのところは大丈夫ですか?
さて、twitterで Tabasa (araran100)さん が気にされていた、[HAARP Induction Magnetomete]に現れた、
2Hz前後の帯ですが、他の観測値と付き合わせてみると、昨日4/2 14:00(UTC)=23:00(JST)から、太陽磁場が
マイナス方向(ACEデータの赤い線:Bz)に変化した時間帯と一致しておりました。

磁気嵐解析398
通常は、太陽磁場(Bz)がマイナス方向になると、地磁気と逆方向の磁場がかかり、地磁気に反応が出て、
磁気嵐ロジックの出番となりますが、今回はプラズマ密度がほぼゼロだったため、地磁気には影響せず、
ご覧の通り、緩やかな反応のみで、事無きを得たと考えております。
しかしながら、
先月Xフレアを連発した活発な黒点群が、勢力を維持したまま、地球側に廻ってきましたので、
引き続き、監視を続けております。
では、また。バイバイ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA