予測A,Bロジックの気になる空白(その7)と曲線X2

笑顔 皆さま、お早うございます。
昨晩から急に茨城震源が増えました。
先ほども7時15分茨城県沖M4.0があり、岩手と茨城震源が中心となっております。
震度の予測193
さて、今日も予測ABロジックに有感地震の実績を入力していると、
またまた「気になる空白」が発生していることに気付きました。
震度の予測192
4/4-4/8の空白Rから、3/29前後の赤丸で囲む範囲のプロットを累積して規模を予測すると、
4/13にM5.44となります。 計算式は、以下の通り。
Log10(10^(1.5*M5.1) + 10^(1.5*M5.0) + 10^(1.5*M4.8)*2 + 10^(1.5*M4.7) + 10^(1.5*M4.6)*2
+ 10^(1.5*M4.5) + 10^(1.5*M4.4)/1.5 = M5.44
前回(その6)では、3/27のM6.4でリセットが掛かってしまいましたので、
前々回(その5)での発震誤差1日を参考として、今回は4/12~4/14ににM5.5とします。
更に、曲線X1での発震はありませんでしたが、
次の曲線X2を描くと、4/6にM6.3±0.5を示唆していたことが判明、
発震誤差3日を見込むと、明日4/9までにM6.3±0.5が想定されます。
◆解説しておきますと、
 予測A,Bロジックの示す、直線A,Bは、その日に起こりうる地震規模を表わしておりますので、
 今回の様な、空白R曲線X2を描き加えなくとも、常に発震リスクがあるものとしてご覧下さい。

また、何か変化があればお知らせ致します。バイバイ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA