4/26 海水温変化による震源域想定

現在 磁気嵐ロジック60%台 の中ですが、銚子の群発地震が既に24h パッタリとありません。
そこで、本日も海水温解析による震源域想定をしてみました。
繰り返しますが、昨日22回もあった銚子震源の地震が 今日は1回もありません。
実績は、[Hi-netデータ] で確認できます。

至近1週間の海水温変化について、画像を差分処理してカラー化したものが以下になります。
温度低下20120426D
(緑の線はプレート境界です)
◆全体的には、ここ数日間で太平洋側の急激な温度上昇がありました。
 黄色で囲む震源域 は、M4クラス+遠洋のM5超で無感~震度1程度を表わします。

今日の注目は、
東京湾を中心としたの強震度想定域です。
ここは、一度消滅した後、4/23の解析から復活した強震度想定域であり、
要注意であると考えます。
また、北茨城、宮城~福島沖も引き続き、要注意と考えます。

なお、週間想定にあった、四国~九州の一部の強震度想定域も復活しております。
ここでの想定が、今から起こる地震の兆候を見ている可能性がありますので、
該当される地域の方は、一応の警戒をお願い致します。
◆ご承知の事とは存じますが、限られたデータから得られた情報です。
 参考程度に受け止めて下さい。
いつも同じ事ばかり言って申し訳ありませんが、
皆さまに於かれましては、引き続き今一段の警戒をよろしくお願い致します。
◆では、今夜も早目に休むことに致します。バイバイ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA