またです。 小惑星(2012-KT42)の接近について

笑顔 毎度のお付き合いをありがとうございます。(本日は大事を取って休暇を戴きました)
またもや、連日の小惑星超接近です。
米アリゾナ州マウントレモン天文台で、昨日5/28に発見された小惑星2012-KT42が、
本日5/29 7:06(UT)=16:06(JST)に 地球の僅か14,500km脇を17.3km/sで通過することが判った。
USGS81.jpg
小惑星の直径は推定約10mで、質量は3,000t程度と考えられている。
既に精密な軌道計算の結果、地球へ衝突する可能性は無いとされているが、
仮に衝突コースでも速度が大きいため、10mクラスは大気圏で燃え尽きるらしい。
◆ただし、完全に安心は出来ないようだ。
 この小惑星、あまりにも軌道が近いため、静止軌道(約35,800km)の40%の位置を横切り、
 最悪は、観測衛星等に衝突し、その衛星が落下してくる事は十分に考えられるからである。

でも、連日こんなのが飛ん出来て、しかも前日に判っても、避難も厳しいだろうな。
[5/31 20:00追加]
小惑星2012-KT42ですが、観測値が発表されました。ほぼ事前の計算通りだった様です。
直径は8m、5/29 16:07(JST)に地球の14,400km脇を17.04km/sで無事に通過しました。
この距離は、地球近傍を通過する小惑星の監視が始まって以来、歴代6位の近さだったそうです。

USGS84.jpg


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA