海水温変化による震源域想定の検証と次の震源域について(その29)

笑顔 毎度のお付き合いをありがとうございます。
さて、このシリーズも第29回目となりました。
(昨年末から毎週末に約6ヶ月続いており、M4以上で1週間検証し 平均正解率は8割程です)
解説:[海水温度分布の平年差]の2週間の変化について、画像処理ソフトで差分を取り、
    次の震源域を想定します。(14日間の至近3日平均からその前11日平均を差し引く演算です)
    これまでの実績からは、温度変化の境界付近で温度低下側に震源が符合しております。
    また、実績から、温度変化の大きな海域も想定域としております。
  ★海上保安庁のデータに切り替えてから、正解率がグンと上がりました。
   ・図中に数字や境界線が入らないので、演算の邪魔にならないこと。
   ・瀬戸内海も表示できるので、より綿密な解析が出来ること。
   ・当日分まで反映されていること。 等々

以下は、先週6/16にご紹介した震源域想定に、その後1週間の実績をプロットしたものです。
水温20120615WA
この間M4超の地震は20回、内16回が想定範囲でした。正解率80%。(今週は合格です)
予想から外れた4回は、三陸はるか沖での発震でした。
そして、次の震源域の想定は、以下の通りです。
(先週から急変し、太平洋側の水温が急激に上昇しております)
水温20120622W
◆今週の注目は、再び復活した東日本の強震度想定域です。
 他にも、北海道と伊勢湾にも強震度想定域があります。
伊豆半島沖と豊後水道(四国~九州)については、
 2週間続けてのランクインです。
 
では、また何か変化があれば、お知らせ致します。バイバイ


4 comments

  • パワーステ

    SECRET: 0
    PASS: 8445cec0e07f156913c25c4dbf9228fc
    こんばんは。
    17日18:44からなく、安心してましたが、今日になって、世界中で多発しています。
    小さいのと、大きいのを入れて、51回です。
    海域と、諸島や、島が、多いみたいなので、被害は少ないと思いますが、心配です。
    ちなみに、Googleの情報なので、
    英語になりますが、
    大きいのだけ、書かせていただきま
    す。
    13:25 TONGA M4.7
    13:31 MACQUARIE ISLAND
    REGION M5.9
    14:02 SOUTH OF KERMADEC
    ISLANDS M5.1
    14:14 OFF W COAST OF
    NORTHERN SUMATRA
    M4.8
    14:22 VANUATU M4.9
    です。後半は、また、送ります。

  • パワーステ

    SECRET: 0
    PASS: 8445cec0e07f156913c25c4dbf9228fc
    16:50 KODIAK ISLAND REGION
    ALASKA M4.7
    16:58 OFF EAST COAST OF
    HONSHU JAPAN M5.1
    17:14 ANTOFAGASTA CHILE
    M4.1
    21:12 SOUTH OF KERMADEC
    ISLANDS M4.9
    21:30 KERMADEC ISLANDS
    REGION M5.2
    まだ、まだ、続いてます。
    この後、まだ、きてました。
    トリガーが、いろんなとこに、広がっているので、被害が、少ないのが、幸いです。

  • パワーステ

    SECRET: 0
    PASS: 8445cec0e07f156913c25c4dbf9228fc
    その後ですが、M4.0以下の地震が、7回起きてます。
    チリが、M4.0 3.5 3.7 3回
    イタリア側 M2.3
    トルコ側 M2.0 2.8
    ギリシャ M2.8
    まだまだ、警戒体制ですね。
    大きな地震や、災害が起こらぬよう、
    祈るばかりです。
    今日は、太陽の黒点の数が、増えたと、12:38の宇宙ニュースで、言ってました。
    その後、地震が、世界中で多発しています。この状況とても、気になります。
    日本にも、世界にも、大きい地震が、きませんように、お祈りしておきます。

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    パワーステさま いつも、情報をありがとうございます。私もUSGSデータで監視はしておりますが、今日はマッコーリー島M6.0を筆頭に各地でM4~5が頻発しました。これも磁気嵐の影響だと私は確信しております。マッコーリー島ですが、タニマニア州の観光地でアザラシ・ペンギンツアーもあり、40人程の定住者が居るようです。私の計算では、震央距離26kmで震源との距離√(D10km^2+26km^2)=28km→Log10(10^(1.5*M6.0)/(94.3km/5)^2)/1.5=s4.30は、日本の震度4相当。かなりの揺れに見舞われた事と思います。まだまだ安心できません。NASAの予測では6/24 9:00(JST)に強力なコロナホールによる磁気嵐が来る予測があります。
    これからも、よろしくお願い致します。BOPPO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA