【重大かも知れない情報】東南海沖地震計の微振動と奇妙なパターン

笑顔 毎度のお付き合いをありがとうございます。
今朝ツイートからお知らせしましたが、この現象は読者から情報を戴きました。
Hi-net連続波形から[気象庁 JMA]→[関東東海地方]を選んで、以下の赤丸の波形をご覧ください。
震度の予測218
すると、以下の様な奇妙なパターンが現れます。私も初めて目にする波形、驚いております。
震度の予測219
そして、12:49長野北部M5.2震度5弱の地震発生から、その余震までを境に
この微振動パターンが、スーッと消えているのです。

震度の予測220
この後、どのような動きになるのか、しばらく監視体制を取りたいと思います。


One comment

  • C静岡@姫路

    SECRET: 1
    PASS: f599d5667952c195d6c8180a0717deba
    こんばんは。(^^)流紋状の連続波形は日本の何処かの後で、ここまで酷くないですが、似た波紋状を見た事が1度あります。保存したかな?探しておきます。東海は面白い波形が多いですね。
      東海の矢絣ヤガスリ状波形では、「人為的な模様は、もしかして?地球号の爆薬?」と私がコメントしました。
      宏観版に@関西西部HNで、γ線の0.13~0.14平均が、急に昨夕0.15↑で長野の震度5弱発震を書いてしまいました。発震後0.14に下がったものの夕方また0.15μ?/H↑です。昨夜は23:30に一瞬0.16が出ています。
      次は①姫路~半径360㎞の余震15連発中の長野か、②半径200㎞の愛知の弥富市のキング・ナマジ-のどちらか?ですかね。
     線引きでは、アウターライズも、北海道東部・西部も、マダマダ・・
    ①気象庁7日間は、日本海と伊豆・小笠原のプレート境界が賑やかですね。
    ②気象庁7/9~/10の15:50までは岩手以南がギッシリです。
    ③震源MAP24Hは、西日本が賑やかです。
      隠れブログで、図表を予測族にだけ公表した方が、皆の手間は少ないでしょうね~
      家族に叱られるので・・文章だけで許して下さいね。<(_ _)>ヤバい時は、数時間前には、書きに来ますので。
      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA