モーリシャスでM6.7(D10km) の地震発生!

速報には遅いですが。
本日7/26 14:33(JST)モーリシャスでM6.7(D10km) の地震が発生しました。
USGS119.jpg
1h余り早いですが、本日7/26の「急変点」15:49に対応する発震と考えます。
なお、USGSで過去の地震を調べたところ、今回の震源域から半径100km以内のM6.5超は、
1995/9/17以来、実に約17年振り
の事だった様です。
私の考案した簡易震度計算では、
至近のロドリゲス島で390km離れており、約2千人が震度4の中でした。
直接の被害は出ていないものと考えます。

また、USGSのCMT解析では、スリップ角 1deg/174degの横ずれ断層型でした。
それから、津波については注意報も出ておりませんが、これは、横ずれ断層型の為と思われます。
私の知る限り一番情報の早い下記のリンクでも、被害の報告はありません。
ソース元 [earthquake report in the World/世界の地震情報]
◆磁気嵐によるエネルギーは必ずどこかに歪みとして蓄積され、ずっとトリガーを待っています。
この後、大きな余震が来ない事を祈ります。
I pray for all the worlds.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA