日本が避けて通れないであろう厳しい現実

原発関連の記事をしばらく書いていなかったのですが、本日は少しだけ
お付き合いください。

今更、言うまでもありませんが、
福島第一事故の約25年前、1986年4月26日チェルノブイリ原発事故がありました。

事故当時は、テレビや新聞が情報源のほぼ全ての時代でした。
私も毎日、事態の行く末を案じながら、ニュースにかじりついて見ておりました。
そう、もう25年も前の事なんです。
チェルノブイリ直近のベラルーシでは、
それだけの長い時間をかけて放射能に対する規制値が決められました。

特に厳しいのが、毎日飲食する「水10Bq/kg」と「パン40Bq/kg」です。
また、小児用食品は全て「37Bq/kg」となっています。
チェルノブイリの地元ウクライナに至っては「水2Bq/kg」「パン20Bq/kg」です。
一方 日本では、
4月から少し厳し目の値になったものの「一般食品100Bq/kg」は上記の比では無く、
「乳児用食品50Bq/kg」も中途半端な規制値。

それでも、ベラルーシでは、
以下のグラフに示すように、原発事故以来、確実に人口が減り続けているのです。

ベラルーシ人口
更に、周辺各国の推移です。
周辺国の人口
以下は、これらの周辺国を平均して、日本の今後の人口推移を試算したものです。
日本の人口1
これは、いわば一番楽観論的な試算になります。
何故なら、放射能の規制値が、ベラルーシ・ウクライナから数倍も緩いからです。

以下は、放射能の規制値の比率で、厳し目に見た日本の今後の人口推移試算です。
日本の人口2
実に、今後25年間で、日本の人口の約3割が失われる、大変ショッキングな結果です。
一番酷い2026年には、1年間で約270万人が犠牲となります。

また、今から6年後の2018年から急変する事も分かります。
日本の人口5
この記事で、ご気分を害された方がいらしたら、申し訳ありません。
ただ私は、25年前の教訓を活かそうとしない、現在の「日本政府の姿勢」に悪意すら感じるのです。

「おそらく、本当に起こる事だと感じております」
我が家では、口に入る食品は出来る限り放射能検査済みのものを選び、内部被爆を避けております。
全ては大切な家族のため、少しでも安全な食品をと考えるのは、親として至極当然の事だと思います。

申し訳ありませんが、私は「食べて応援」と「全国被爆拡散の瓦礫処理」は賛成出来かねます。
現在ロシアでは、0.28μSv/h以上の地域を居住不適として、半径180km圏を廃村にしています。
福一から180km圏は、銚子市・取手市・足利市・魚沼市・新潟市・新庄市・気仙沼市です。

F1-180km.jpg
「これが、日本で数年後に始まるであろう現実なんだと思います」
「2018年になれば、これが本当か筆者の杞憂なのか嫌でも分かります」


6 comments

  • みさ@茨城

    SECRET: 0
    PASS: 2f7b52aacfbf6f44e13d27656ecb1f59
    私も同じ気持ちです。
    どうして「食べて応援」を子供にやらせるのでしょうか?
    食べて絶対に大丈夫だなんて、誰もわからないのに・・・

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    みさ@茨城さま
    ご賛同戴き、ありがとうございます。実は、学校給食の管理値(100Bq/kg)を巡って、学校と市に「政府の規制値があまりに高い数値で納得いかないので、給食を断り弁当を持たせたい」と物申した事がありまして、それを受けてかどうか存じませんが、ほどなく管理値が半分(50Bq/kg)に変更されました。恐らく、同じような問い合わせが毎日のように数多くあったのだと思います。親が子供を守る権利さえ危ぶまれる今の日本。海外からは奇異の目で見られています。

  • C静岡@姫路

    SECRET: 1
    PASS: f599d5667952c195d6c8180a0717deba
    こんにちは。(^^)家電を被災地から沢山買うので・・食品より支払額は高額10倍かもしれません。
      
      チェルノブイリ直後、バケツの臨界発覚より以前の・・諸々を見ているので、線量を一般人もマメに計っていないと・・騙されるだけでしょうね。
      
      0.16μ?/Hとか、誤差±20%のγ線測定用の腕時計でも、測ってしまうと・・西日本の花崗岩より・・福井・原発由来で・・既に何十年も・・騙され続けて来たとしか・・
      子供には夢を!とシビアな我が家を誰か怒っていましたが、我が子は「嘘のバラ色の未来情報より事実を知って、海外の大学へ進学する実力を見に付ける方が、当たり前」って、子供に政府同様に、御座なりの情報を教える余所の親にビックリしていました。
      被曝線量が一定を超えると・・嘘の夢の世界で快楽を求める傾向が、出てくるらしいです。そうなる前に強制的に、移住させるしか・・

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    はじめまして。
    3才と5才の子を持つ母親です。
    放射能の測定器ですが、食品に使えるオススメがありましたら、ぜひ知りたいです。選ぶ時のポイントなどもありましたら、よろしくお願い致します。
    食品に不安を感じながらの毎日です。。

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    我が家では、当初からベラルーシ製PKC-107という機種を使用しております。
    GM管が2本あり、Cs137のγ線と、Sr90のβ線(検出=即NG)も計測出来ます。
    個人が手の出る範囲でBq/kg計測が可能な製品はこれしか無いと思います。
    新古品ですが2万円弱で購入しました。他のは何十万もします。
    ただ、最近自分で色々な文献から換算係数を計算してみたら、何の事は無い
    一般の空間線量計でも、十分に食品のBq/kgを計測できそうなんです。
    (エアカウンターSなら5000円くらい。安いですね)
    私の計算した換算係数は、食品から1cmで計測して得た空間線量μSv/hを
    1000倍すると、ほぼBq/kgになると言うものです。
    これには、まず何も無い状態での空間線量μSv/h(バックノイズ)を計測し、
    続いて、その場所で食品から1cmでの空間線量を計測し、その差分から食品の
    出している放射線量を見ます。
    例)バックノイズが0.05μSv/hの時に、食品から1cmで空間線量を計測した
    線量が0.10μSv/hだったら、その差分0.05μSv/hが食品からの放射線量で、
    これを1000倍(※)すると、50Bq/kgという結果が出ます。
    (※)係数は安全側に誤差を考えて、マージンを20%ほど割り増ししております。
    食品のBq/kgを正確に計測するには、何百万もする機械じゃないと無理だとか
    一般には言われているようですが、これは一般人が簡単にBq/kgを測れてしまうと
    色々と不都合なので、「あえて」そのように大袈裟な言い方をしているように
    思えてなりません。
    ですので、
    簡易な計測なら、上記の方法で、エアカウンターSでも十分実用になると思います。
    ただし、お店の人に断ってからやらないと、当然トラブルになりますので、
    そのへんは上手くやらないと、折角の測定器が役立たずに成ってしまいます。
    では、このへんで。
    BOPPO

  • 間違いなく起こります。ウクライナ在住、外国人です。
    多数の科学者、医者、専門家と話して、現地を見てきました。
    実際はもう起こり始めてるし、もっとひどくなるでしょう。
    7ベクレル以下に制限を設けていた村でもすべて子供が病気になりました。
    事実は隠ぺいされています。ユーリ・バンダジェフスキーのデータがそれを
    裏付けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA