水戸の花火大会3

実は今日8/3(金)は「水戸黄門まつり花火大会」でした。
このブログで ご紹介するのも3回目になります。
我が家のマンションは、
千波湖を見下ろす高台に位置しており、ちょうど南側の窓から この花火を見る事が出来ます。
今年も、東よりの風があり、絶好の花火日和でした。
花火20120803a
花火20120803b
子供たちも、
ごちそう(と言っても少しのケーキとジュース)を食べながら、楽しそうに花火を見ています。
おそらく、昨年同様、終わると同時にパタッと寝てしまうのでしよう。
一年前の私は、
目標だった地震予測が何とか軌道に乗り出し、理論的な展開も面白い様に次々と繋がり、
それこそ、時間の経つのも忘れ、寝る間も惜しんでデータ分析に明け暮れた、そんな時期でした。
私のライフワークとしての地震予測も、必ずや、次のステージが待っていると期待しながら、
毎日ブログを書いております。
皆さまには、どうぞ今後とも、末永く よろしくお願い致します。
BOPPOより


2 comments

  • SECRET: 0
    PASS: c7b7ad16496f8424f4e57aa38c6595d8
    いつもロム専ですが拝見させて頂いてます。
    もぉかれこれ半年ぐらい拝見して色々と参考にさせて頂いて非常時に備えさせて頂いてます
    私は子供と親と妻と下市JUSCOにて同じ花火を見てました
    子供を持つ親としてずっとこの花火が毎年見れる様備えていきたいですね
    いつもありがとうございます
    大変でしょうがご自愛頂きながらブログ頑張って下さい

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    涼太郎さま
    地元の方からコメントを戴くと、なぜか嬉しくなります。
    いつか、どこかですれ違っているかも知れませんね。
    > 子供を持つ親としてずっとこの花火が毎年見れる様備えていきたいですね
    その通りですね。
    今、私が一番危惧しているのは、どうしようもないほど巷に溢れた
    放射能汚染の進んだ、酷い食べ物の事です。
    我が家では、口にするもの全ての線量を計測して、自衛体制をとっておりますが、
    子供の菓子類から異常に高い線量を見る事も多く、製造業者の悪意すら感じます。
    そして、知らずに食べてしまっている子供たちの将来が心配でなりません。
    私は街を歩く時も常にマスクを着けています。理由は、呼吸による内部被爆を避けるため。
    時々「まだ気にしてるの?」と聞かれる事もありますが、逆に「まだ気にしてないの?」
    と答え返します。
    宜しければ、7/29の記事「日本が避けて通れないであろう厳しい現実」をご覧ください。
    今の日本政府が、25年前のチェルノブイリ事故から、何も学ぼうとしていないどころか、
    故意に国民を危険に晒しているのか、或いは悪意に満ちた無策なのか良く判ると思います。
    では、今後とも、よろしくお願い致します。
    BOPPO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA