イラン北部地震のエネルギーは地球を1周以上回っていた!

イラン北部を襲ったM6超2回の本震から約50時間が経過し、M4超の余震も16回。
一部報道では、
イラン政府が海外からの支援をかたくなに拒否し、既に救助活動も打ち切ったと報じられ、
犠牲者は既に300人を超え、政府も把握しきれていない(する気が無い?)様です。
一説には、
既に周辺の病院が負傷者で溢れ返り、これ以上受け入れ出来ない事を理由にしているとも。
イラン政府の要人は「人の命を、一体、何だと思っているのか!」と叫びたくなります。
◆日本政府も、これほど露骨ではないけれども、似た様な事をやっていますよね。
これだけでも、本当に胸が痛くなるほど、切なくなります。
さて、この地震がどれほどのエネルギーを発散させたのか
たまたま見つけた、Hi-netの地震波形で垣間見ることが出来ましたので、ご紹介致します。
以下の波形は、
上のリンクから2時間分を繋いだものですが、裕に1時間以上も地球が揺れ続けているのが判ると思います。
震度の予測230
特に赤い波形は、地震発生45分後に日本に到達した、長周期(0.05~0.07Hz)の大きなものですが、
地球内部の地震波の伝わり方を見ると、なぜこの様な波形になるのか、何となく判りました。
震度の予測231
地震発生から約11分後に到達の第1波は、ほぼ赤い矢印に沿って日本に到達したものと思われます。
(イランと日本の経度差は約100度で、ほぼマントル内を最速11km/sで進んだものと考えられます)
そして、地震発生45分後に日本に到達した第2波は、およそ緑の矢印に沿って来たものと思われます。
(地震波は深くなるほど速くなるので、この場合 約25,000kmを9.3km/sで進んだものと考えられます)
また、波形が長周期になるのは、
地震波が長い距離を進む中で、地球の自由振動に同期する形で振り子効果が働き、エネルギーの大きい
低周波振動に変換されたものと考えます。
これらの事から、
イラン北部を襲ったM6超の本震による地震波は、裕に地球を1周以上回っていたと考えられます。
(やはり、想像以上に凄いエネルギーだった事が、これらのデータから良く判りました)
最後に、今回の地震で亡くなられた、数百人の方々に黙祷を捧げたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA