余震はいつまで続くのか?その405(磁気嵐スパイラル11)

笑顔 ご心配をおかけしました。
  昨晩から本日まで、24hをドロのように寝て、何とか回復し、記事を書いております。

  (免疫力が落ちたためか、右目にモノモライ(麦粒腫)が出て涙ボロボロ。今日も早く寝ます)
ところで、
本日10/16 11:03八丈島近海でM5.4(D103km)の深発地震がありました。(USGSによる)
10/13(土) 関東一円に広がった、大気重力波による波雲(イワシ雲ではない)があっただけに、
実に嫌なタイミングでの発震です。

10/7ご紹介の[沖合の深発地震から後発地震までの遅延特性の考察]から、5日間は東日本要注意です。

さて、HAARPデータにて、10/15 16時から8hと本日17時からの地磁気反応を確認しました。
磁気嵐解析792
太陽風も450km/s以下となり、長かったコロナホールの影響下から抜ける寸前でギリギリ太陽磁場Bzの
反転から地磁気反応が出たものと考えます。
また本日は、プラズマ密度の上昇と太陽磁場Bz反転のタイミングから地磁気反応が出たものと考えます。
以下、磁気嵐ロジックの計算結果です。
現在、確率50%台(M7++対応)の中。このまま明後日10/18(木)まで続きます。

磁気嵐解析793
ご覧のように、「ピーク」は2回、「魔のくぼみ」は2回、「急変点」は17回です。
そして、磁気嵐の影響は10/23深夜まで残ることになります。
これに基づき、予測表を更新します。
皆さまに於かれましては、引き続き今一段の警戒をよろしくお願い致します。
現在の日本の状況は、また、いつM6クラスが発生しても不思議ではありません。
(注)上下2段で一日分の予測時刻を表していますので、上下で順不同の場合があります
A 浦河沖、宮城沖、福島沖、千葉東方沖、駿河湾、広島北部、奄美大島
B 三陸沖、福島沖、茨城沖、千葉東方沖、奄美大島
C 秋田内陸、宮城沖、福島内陸、福島沖、茨城北部、和歌山北部
D 三陸沖、岩手沖、宮城沖、福島沖、茨城北部、茨城内陸、茨城沖、千葉東方沖
  上(A月出6h-)(B月出3h-)(C月出)(D南中3h-)
  下 (A南中) (B南中3h+)(C月入)(D月入3h+)
磁気嵐解析794
凡例:背景色の意味(磁気嵐ロジックグラフと色合いを合わせました)
  元々は過去35年間分について磁気嵐によるM6超クラスの発生確率を調査したものですが、
  至近実績との比較により、ほぼ上記の相関関係が確認できましたので表記に採用しました。
◆赤字は「魔のくぼみ」、青字は「急変点」で要注意時間帯を表わします。
凡例:月齢相関に基づく記号
 ★ 特異日(確率3倍超)
 ☆ 注意日(確率2倍超)
 ◇予備日(平均確率)
 △平均以下の日
※予測誤差は±60分で、全有感地震の約70%以上が符合しております。
毎度で恐縮です、繰り返しになりますが、
くれぐれも、皆さまには、特に就寝環境(※)の再確認をよろしくお願い致します。
(※近くに落下物が無いないか、照明類を手の届く範囲に置くなど)
◆磁気嵐による地殻歪みは、必ずどこかに蓄積され、今もトリガーを待っています。
私に出来るのは、この後の災害が最小限になるよう祈る事のみです。
I pray for all the worlds.
何事もありませんように。。。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA