凄い色の夕焼け・朝焼けと地震の関係は如何に?

笑顔 毎度のお付き合いをありがとうございます。
昨晩から、新潟県中越地方で最大M4.2震度4を肇とする群発地震が、本日昼頃までに、
有感地震だけでも14回あり、震源に近い皆さまには、不安な事とお察し致します。

さて、本日は
ツイートでご紹介している、凄い色合いの夕焼けや朝焼けが、地震と関係あるのか
メンションがあったことから、これまでの実績から相関を見てみました。

まずは、7/16関東~関西の広範囲で見られた、「オレンジ~紫の朝焼け」
20120716雲
20120716雲2
この4~5日後 7/20硫黄島近海M5.1、7/21伊豆諸島M4.9と福島沖M4.9の地震発生。
次は、8/10北海道の広範囲で見られた、「黄金の夕焼け」
20120810雲
この4日後 8/14オホーツクM7.3(D590km)の超深発地震発生。
次は、8/29関東で見られた、「真っ赤な朝焼け」
20120829雲
この次の日 8/30宮城沖M5.7の地震発生。
次は、9/10関東で見られた、「黄金の夕焼け」
20120910雲2
それと、9/12千葉で見られた、「オレンジの夕焼け」
20120912雲
この2~4日後 9/14千葉内陸M5.1の地震発生。
次は、9/21北海道~青森で見られた、「オレンジ~紫の夕焼け」
20120921雲
この次の日 9/22サハリンM5.8の地震発生。
次は、9/26関東で見られた、「真っ赤な夕焼け」
20120926雲
この5日後 10/2福島沖M5.2と三陸沖M5.0の地震発生。
こんな感じですが、
ここでご紹介したのは発震の出たもので、これまで怪しいとご紹介した13例に対して7例
ですので、確率から言うと、54%
となります。

◆果たして、この確率が 地震に対して有意差有りか無しかは、微妙なところですが、
 私としては、誰もが分かる程、夕焼けや朝焼けの色合いが異様だったら、
 その1/2は数日内のM5超地震発生を示唆するものと考えます。

そして、本日10/18の夕焼けは関西。「まるで山火事の様な色合いの夕焼け」
20121018雲
[加筆]
この5日後の10/23鳥島近海M5.8/D140kmの深発発生あり。

私に出来るのは、この後の災害が最小限になるよう祈る事のみです。
I pray for all the worlds.
何事もありませんように。。。
では、今夜はこれにて、お休みなさい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA