カナダM7.7地震の余震からGR則でM9の可能性を試算(その2)

一昨日10/28 12:04JSTカナダ北西部でM7.7(D17.5km)の直下型地震が発生しました。

昨晩は、津波注意報の無かった日本にも八丈島で50cmの津波が観測されており、
改めてM7.7の凄さを実感しております。
そして、
その余震は地震発生後17hだけで、M4超が50回も発生しており、GR則による精度も十分と考え、
危機管理的な意味合いから、緊急速報として11/2までにM9発生確率97.7%をご紹介しました。


その後、大変多くの反響があり、この計算の重大さを痛感しております。

◆私としては、311東日本震災の予兆を察知できた、GR則による予測手法の精度を確信しており、
 更に余震も続いていることから、再度の試算をする事と致しました。

さて、余震の方ですが、現在までの27hでM4超が63回発生しております。
また、余震域の面積から、宇津則により地震規模想定をするとM8.79となり、
M9の想定が、ほぼ妥当であることがお判り戴けたかと思います。

USGS188.jpg
以下、地震の時系列とGR則の最新データによる試算結果です。
震度の予測285
ご覧のように、今回の試算では
M9発生の可能性が11/5までに97.7%と、当初の逼迫度からは若干下がったものの、
かなりの逼迫度であることに変わりはありません。

参考ですが、
311東日本震災での計算では、本震M9の至近3日間のデータから、10日以内に97.7%でした。

願わくば、この計算が外れる事を祈ります。


3 comments

  • SECRET: 1
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    10/28にカナダの北西部で7.7でしたが、
    その前は皆無に近い状態でした。
    カナダのモニターはあんましなので、
    小さい地震を見逃したのかは定かでないですが、、、。
    何の前触れなしに7.7のような
    大きな地震がくるものなのですか?
    ---------------—-
    普通なら大きい地震の前には何かしら症状があると思います。
    2010年1月から2011年4月の地震発生回数の推移グラフ:
    http://tau.f2u.com/equake/graph2010.html

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    shigさま
    ご質問、ありがとうございます。
    私も、ご質問が来るまで気付かなかった事でした。
    > 何の前触れなしに7.7のような
    > 大きな地震がくるものなのですか?
    >
    > ---------------—-
    > 普通なら大きい地震の前には何かしら症状があると思います。
    USGSの記録から、この震源域での過去40年間を調べてみると、
    M6級は3回あり、何れも2000年以降のものでした。
    (ここでも、近年の地震巨大化が立証されます)
    さて、その3回について更に見てみると、
    ご指摘のように、突然、前触れも無しにM6級が発生しているようです。
    ◆これは、この震源域の特徴なのかも知れません。
     願わくば、先のM7.7が、この後のM9の前震でないことを祈るばかりです。
    一方、
    311東日本震災では、少なくとも本震M9の9日前からM5級の予兆があり、
    2日前にはM7.3、前日にもM6.9の大きな前震がありました。
    宜しければ、ブログの右サイドの
    [Fig.11/311東日本震災はGR則で予見出来たのか?(その2)]をご覧ください。
    では、失礼致します。
    BOPPO

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    今回の地震は、規模の割りに被害が少なく、
    ラッキーでした。
    それぞれの地域で防災を見直し、
    教訓を活かせればよいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA