次の磁気嵐の到達予想について [11/23 22:30追記] [11/24 7:00追記]

笑顔 毎度のお付き合いをありがとうございます。
さて今回は、
11/20 4:20JST発生のM1.6フレアと11/22 0:19JST発生のM3.5フレアに伴う磁気嵐の予測です。
場所はAR1618で地球のほぼ真正面での発生でした。
磁気嵐解析860
以下は、M1.6-CME地球到達時のNASA(ゴダートによる)シミュレーション結果です。
◆両者は約20h差の発生ですが、M3.5の速さでM1.6に追い付くが故、
 そのCMEがほぼ重なって地球にも及ぶようです。
磁気嵐解析859
◆到達予想日時は
 M1.6-CME11/24 3:00JST、M3.5-CME11/24 15:00JSTの見込みです。

 地球到達時の速度は、M3.5-CMEが600km/s超と高速で、プラズマ密度も30c/cm3あり、
 比較的強い地磁気反応が出ると考えております。
この後、大きな余震が来ない事を祈ります。
I pray for all the worlds.
[11/23 22:30追記]
◆そろそろ、前兆現象としてのプラズマ圧縮が始まっているだろうと、ACE衛星データを確認。
 ご覧のように、2~3h程前から「高エネルギー陽子(プロトン)放射」が更に一段上昇しており、
 これまでの経験から、数時間後にはACE衛星データで、太陽風の急変が出ると考えます。

磁気嵐解析862
[11/24 7:00追記]
◆前兆現象のプラズマ圧縮を観測してから約11h、先ほどACE衛星データが磁気嵐を捉えました。
 ご覧のように、11/24 6:10JSTから、太陽磁場Bz,プラズマ密度,プラズマ速度が急変しております。
 これまでの経験から、急変3h後の9時頃までには本格的な地磁気反応が出るものと考えます。

磁気嵐解析863


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA