宮城沖アウターライズM7.3余震からGR則でM8.5の可能性を試算(その2)

12/7(金)17:18 宮城はるか沖でM7.4 震度5弱の地震が発生しました。
 そして、その後の24hでM4超の余震が25回発生していた事から、
 次の日、早速、余震データにGR則を適用したM8.5発生の可能性についてご紹介致しました。
◆私は、311東日本震災の予兆を察知できた、GR則による予測手法の精度を確信しており、
 余震も続いていたことから、12/8時点では最悪の事態を想定した試算としてご紹介致しました。

 その試算結果が年末年始頃を示唆しておりましたが、今回、その期限が間近に迫った事から、
 再度 気象庁一元化データ(12/7~12/28の22日間)から、GR則による今後の見通しを試算しました。
さて、その後の余震ですが、現在までにM3超が501回発生しております。
 また、余震域の断層長から、宇津則により地震規模想定をすると、ほぼM8超となり、
 この想定が、オーダー的に妥当であることについても、検証出来ました。

◆まずは、気象庁一元化データ(12/7~12/28の22日間)と震源のプロットをご覧ください。
震度の予測372GR1
ご覧のように、少しずつ余震間隔は広がっていますが、依然として余震活動は続いております。
◆そして、この余震データをGR則に当てた試算です。
震度の予測372GR2
結論は、当初(12/8)の想定から だいぶ余裕は出た訳ですが、それでも確率50%が来年GW頃、
また、同様に確率97.7%が8月頃と、発生まで1年もありません。
USGS(アメリカ地質調査所)のデータによれば、過去40年間におけるM8.5超の地震は6回で、
平均6.7年に1回の頻度です。
今回の試算では、3σの97.7%が262日なので、6.7回/(262/365)≒約10倍の発生確率
更には、全世界のM5超発震の約20%が国内での発震であることを考慮すれば、その発生確率は
平常時の約50倍とも考えられます。これは正に異常値なのです。
「天災は忘れた頃にやってくる」の言葉そのものの計算結果となった訳です。
願わくば、この計算が外れる事を祈ります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA