海水温変化による震源域想定の検証と次の震源域について(その58)

笑顔 毎度のお付き合いをありがとうございます。
さて、このシリーズも 第58回目を迎えました。
(一昨年末から毎週末、1年1ヶ月続いており、M4以上で1週間検証し 平均正解率は8割程です)
解説:[海水温度分布の平年差]の2週間の変化について、画像処理ソフトで差分を取り、
    次の震源域を想定します。(14日間の至近3日平均からその前11日平均を差し引く演算です)
    これまでの実績からは、温度変化の境界付近で温度低下側に震源が符合しております。
    また、実績から、温度変化の大きな海域も想定域としております。
  ★この演算には、以下の理由から海上保安庁のデータを使用しております。
   ・図中に数字や境界線が入らないので、演算の邪魔にならないこと。
   ・瀬戸内海も表示できるので、より綿密な解析が出来ること。
   ・当日分まで反映されていること。 等々

以下は、先週1/5にご紹介した震源域想定に、その後1週間の実績をプロットしたものです。
水温20130105WA
この間 M4超の地震は17回、内15回が想定範囲内でした。正解率88%(上出来です)
外れた2回は、海水温変化の無かった福島沖でした。
そして、次の震源域の想定は、以下の通りです。
先週と比較して、また更に全国的に水温が上昇しております。

この解析を始めて1年以上ですが、先週に続いてこの状態は異常です。
水温20130112W
◆今週の強震度想定域は、
 18週目に突入した、三陸沖アウターライズ。
(若干縮小方向)

 (ここは数カ月の前兆があり、遂に12/7にM7超が発生し、次はM8超が危惧されます)
 また、4週目となった北九州西部(再び拡大)、東南海沖(伊豆諸島南方に拡大)
 更に、2週目となった伊勢湾、山陰、青森、北海道の東と西拡大方向。
 再び、豊後水道に強震度想定域が出現しました。

 ★関東(首都圏)、新潟、能登の強震度想定域は消滅しました。
 今週も全体的に、強震度想定域が日本を取り囲むようにに点在しております。

解説:強震度想定域とは、
   海水温が急激に上昇した範囲で、過去の実績からM5超発震の可能性がある事を意味します。

では、また何か変化があれば、お知らせ致します。バイバイ


4 comments

  • SECRET: 1
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは。いつもお疲れ様です。先ほどのアウターライズの近くでの嫌な発振ありましたね。体感的には、かなり酷いです。仕事休んで寝込んでる状態ですわ^^;相当な溜めこみ感を感じております。場所特定苦手ですが、M大きめスタンバイですね!お互いに体調に留意し過ごしましょうね~(。-∀-)

  • 神奈川藤沢

    SECRET: 0
    PASS: 5df09c29487b07061f8d8ce62f999082
    神奈川県藤沢市に住んでいます。津波の怖さから地震について勉強中です。今日は新月で大潮とイウコトもあり、潮位について調べていた所ブログに辿り着きました。。。大きな地震の前には潮位の変化があると思い見ていました。。。潮位は難しいです。。。また海水温から地震の事を考えている記事とても興味深く拝見させていただきました。。。減災のため、、勉強中の私もこれから見させて頂きます

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    神奈川県藤沢さま
    コメント、ありがとうございます。
    拙ブログの地震予測ロジックは、読者の皆さまからのご質問が
    大きなヒントとなり発展してきたものと考えております。
    その変遷の詳細は、以下をご覧ください。
    [最近の記事]◆当ブログを様々なメディアからご紹介ください (拡散希望です)
    http://boppo20110311.blog.fc2.com/blog-entry-963.html
    何でも結構です。
    拙の勉強のためにも、色々な方からのご質問もお待ちしております。
    今後とも、よろしくお願い致します。
    BOPPO

  • 神奈川藤沢

    SECRET: 1
    PASS: 5df09c29487b07061f8d8ce62f999082
    丁寧なお返事ありがとうございました。。。
    勉強の為。。。これからも拝見させて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA