富士五湖に異変!(河口湖が干上がる) その2

◆河口湖の「鵜の島 六角堂」が渇水によって陸続きとなった前回を調査すると、2007年6月頃だった。
震度の予測438e
◆そして、2007/7/16 新潟中越沖地震M6.8震度6強、同年10/1 箱根湯本M4.9震度5強と続く。
 これは、単なる偶然なのか?
 位置関係だけを見れば、「フォッサマグナ」 に関係していそうな気もするが、私には正直判らない。
◆ただ漠然と、その原因を一番単純に考えると、
 河口湖への流入量(湧水)が急激に減ったか、出口となる地下水の浸透流量が急激に増えたかの
 何れかになる。

 ただ、河口湖が富士五湖中一番底(湖面標高が低い)のを考慮すれば、最悪は湖底にパックリと
 大きな割れ目が出来た事も考えねばなるまい
。。。


One comment

  • 通りすがり

    SECRET: 1
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ここ2年の富士の湧き水同様圧力から湖底に亀裂が入ったと考えるのが自然のような気もします
    その圧力元はもちろんマグナ活動によるものかと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA