【再考】4/2三陸沖M6と311震災の発震データ類似性について

◆4/2三陸沖M6の余震データのうち、最初の2日間を観察した当初は、表題のとおり、
 311震災との発震データ類似性から、最大リスクとして、数日内にM8発生の可能性
 を危惧しました。

◆しかしながら、一昨日4/5までのデータ(N=118)で比較すると、それは最初の2日間のみで、
 ご覧のとおり、三陸M6の余震データ推移は、311震災時との類似性が薄れて来ております。
震度の予測444h
◆さて、改めて 4/1-4/5までの発震状況と、プロットです。
 ご覧の様に、現在までに収束するような動きが見られますが、この後の動向には細心の注意が
 必要な事に変わりはありません。
 また、余震域を断層面積として考えた、宇津則からの本震の想定規模はM8超で変化はありません。
震度の予測444aa3
◆そして、GR則プロットと時系列で表したM8の累積発生確率曲線です。
 ご覧のように、発生確率50%は4/24(水)、90%超が4/27(土)となり、
 (その2)と比較して、更に逼迫度は下がりました。

震度の予測444bb3
それでも、危機が完全に去った訳ではありません。
 既にご紹介した様に、国内でのM8級発生は、平均4.4年に1回の頻度です。
 したがって、今回のGR則の結果、M8が約25日以内に発生する頻度とは、
 上記に照らすと、平均の約65倍の発生確率
に成ります。
 これは、現在の三陸沖の発震状況が「依然として異常値」にある事を意味するのです。
◆機会ある毎に申しておりますが、私は「常に最大リスクを考慮した予測」をご紹介しております。
 それは、予測を外すリスクよりも、災害級の震災を見逃すリスクの方が遥かに甚大との考えからです。
今はただ、皆さまに最大限の備えをお願いし(食料等の備蓄、緊急時の連絡方法や集合場所の確認など)
私は、この想定が外れる事を祈り続けます。


2 comments

  • SECRET: 1
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    福岡県南部の地震雲信者です。
    地震雲掲示板No.4585よろしかったら
    見てみてください。
    3日後あたりではないでしょうか。
    場所は経験上分かりません

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    地震解析ラボも同じ場所に警報を出しました。
    M6.0以上の予報です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA