【やはり警戒か?】 千島列島 (得撫島近海) の群発について

6/2から突如始った、千島列島(得撫島近海)の群発
 EMSC(欧州地中海地震学センター)によれば、M4以上が、6/2~本日6/4で
 最大M5.5×2回を含む、計10回 に達しっている。
USGS279b1.jpg
◆気になるのは、この後の動向だが、
 USGS(アメリカ地質調査所)の過去データを再調査したら、物凄い群発の記録があった。
 1991/12/8~12/22 にM4以上が計135回で、最後は12/22にM7.6
USGS279b.jpg
◆この時の国内記録を気象庁データから確認すると、北海道で震度2を記録していた。
 これは、図の計算震度とも一致する。(震源から約460kmとして試算)
◆さて、一番の問題は津波だ。
 該当する日の気象庁の潮位記録は見つからなかったものの、
 これまでの実績から、最悪ケースでは、北海道まで1h以内に最大70cmの津波
 押し寄せる可能性がある。
USGS279c.jpg
◆ここでは、全て最悪ケースを条件として試算しているため、必ずしも、この通りの結果
 に成るとは限らない。
 しかしながら、常に最大リスクを考慮する事が、万全の防災に資する私の考えから、
 今回の試算結果をご紹介しました。
 当然ですが、何事も起こらないのに越した事はりません。
 私も、そう願っております。


One comment

  • はじめまして

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    はじめまして。いつも拝見させて頂いております。
    ある程度の規模の発振はあると予想していました。
    場所はわかりませんでしたが、千島の可能性が高そうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA