X100級スーパーフレアの可能性とその影響

◆太陽面「コロナホール」が拡大中の件について
 SOHO-EIT284で見た現在(やっと27日周期の太陽面の4周期分を確認)
 NASA見解では、太陽活動は前回同様ツインピークで今年後半に極大期を迎え、
 それを前後してスーパーフレア(X100級)が発生する可能性
を示唆している。
sun20130813.jpg
◆至近での巨大フレアとしては、2003/10/28にX17.2が発生している。
 通常、地球まで2~3日掛かる磁気嵐が僅か18hで到達→その速度は2300km/sに達する!
 NASAの2003/10/28の解説記事
sun20031028X17.jpg
◆X100級による磁気嵐なら、裕に5000km/sを超えるだろう
 その場合、X100級の磁気嵐は地球まで僅か8hで到達する
磁気嵐の解説
◆1859年キャリントン・フレアは最大X50級らしい
 オーロラは満月並み、カリブ海でも赤いオーロラが見えたそうだ (以下はオーストラリアでの観測例)
赤いオーロラ
◆しかし、一番の問題は磁気嵐に伴う高エネルギー陽子線で、
 大気圏で宇宙線シャワーが発生し、我々が被爆する可能性がある。
 以下は、カーネル大学によるシミュレーションで、
 地上20kmの大気にたった1個の1TeVの陽子照射によって生成する放射線粒子などの宇宙線シャワー
 αβγ線などの他に、スーパーフレアでは、放射性炭素C13,C14だけでなく、様々な放射性元素や
 中間量子も大量に降り注ぐことになり、一時的に地球全体が放射線で覆われる可能性も。
磁気嵐の解説2
◆更には、人工衛星や地上の電力システム、家電機器類、コンピューターなどの
 ありとあらゆる、電子部品が放射線や強力な誘導電流の影響を受け、全て機能を停止する
 可能性も危惧されている。
 テレビやラジオ 携帯 GPS(車 船舶 飛行機) 銀行ATMなど生活への影響は計り知れない。
◆このスーパーフレアの発生確率は、対数比例し、以下の関係があるらしい。
 X10級=10年に1回、X100=100年に1回、X1000=1000年に1回
 そして、過去の歴史を見る限り、この100年間でX100級が発生したと思われる
 記録が残っていない。

 大自然のスケールは、あまりに巨大すぎる。
 我々の構築してきたシステムなんぞ、一瞬で吹飛ばせる程のエネルギーを秘めている。
 今はただ、それが起こらない事を願うしかない…


One comment

  • SECRET: 0
    PASS: 126fd902445ad2914f0f236acf8a91e2
    あのー肝心な事を御忘れですよ!!
    150年前に起こったスーパーフレア級が起これば、全世界の原発の冷却電源が破壊され、それを復旧できなければ、少なくとも北半球の人類は壊滅します。
    ちなみにこの程度のスーパーフレアは500年に1回程度起こるらしいですね。今年人類が絶滅する可能性は、500-150=350なので、1/350です。しかもチャンスは毎日毎年です。そのうち当たるでしょうね。宝くじはおろか交通事故よりも遥かに高確率です。10年で1/35、50年で1/7。余命が長い子供は少しでも早く南半球に逃げておけば、大惨事になっても助かるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA