余震はいつまで続くのか?その514a (磁気嵐スパイラル-)

◆明朝で磁気嵐ロジックが10%以下となり終息するため、
 深発連動と月齢相関のみの予測表を掲載致します。
◆明日以降も、深発連動から北海道・東日本ともレベル未満です。
(注)上下2段で一日分の予測時刻を表していますので、上下で順不同の場合があります
 予測表の見方はこちら→「予測表の見方と意味合いについて
 (A~Dグループ:過去のCMT解析すべり角と潮汐ベクトル角との相関が強い震源域を示す)
A 浦河沖、宮城沖、福島沖、千葉東方沖、駿河湾、広島北部、奄美大島
B 三陸沖、福島沖、茨城沖、千葉東方沖、奄美大島
C 秋田内陸、宮城沖、福島内陸、福島沖、茨城北部、和歌山北部
磁気嵐解析1052n3
凡例:背景色の意味(磁気嵐ロジックグラフと色合いを合わせました)
磁気嵐ロジック確率についての解説。
 元々は磁気嵐によるM6超クラスの発生確率(遅延特性を含む)をUSGSデータ39年分から調査
 したもので、実績との比較から地震規模との相関関係(M5-~M7++)があり表記に採用したものです。
 
赤字は「魔のくぼみ」、青字は「急変点」で要注意時間帯を表わします。
月齢相関に基づく記号の解説
 これは、311震災後の月齢とM5以上(N=5885)の地震発生確率の相関を取ったもので、以下に分類。
 ★ 特異日(確率3倍超)
 ☆ 注意日(確率2倍超)
 ◇予備日(平均確率)
 △平均以下の日

※予測誤差は±60分で、全有感地震の約70%以上が符合しております。
国内M2.5+発震が6h×3回停止した件について、現在以下の2つの考えをご提示しております。
①トリプルカウントとして、単純にM6超確率55%が3つ重なり 1-(1-0.55)^3=91%
 図示すると以下の通り、9/30~10/2でM6超確率91%
20130928_6h3.jpg
②2010/12/3,12/9の2回は対応無しだったことから、至近で6h停止時には、最後だけが有効で
10/6~8がM6超確率55%
20130928_6h3b.jpg

毎度で恐縮です、繰り返しになりますが、
地震は時間を選びません。皆さまには、特に就寝環境(※)の再確認を推奨しております。
(※近くに落下物や崩れる物が無いないか、照明類や履物を手の届く範囲に置くなど)
また、いつ大きな揺れに遭っても慌てないよう、その場に応じたイメージトレーニングも推奨致します。

では、また何か変化があれば、お知らせ致します。バイバイ


2 comments

  • とんかつ

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    いつも楽しみに拝見しています。
    当方、東京江戸川区ですが、怖くなるくらいにカラスが鳴いています。
    本当に信じられないぐらいの鳴き方です。
    関係ないとイイけど・・・

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > 当方、東京江戸川区ですが、怖くなるくらいにカラスが鳴いています。
    > 本当に信じられないぐらいの鳴き方です。
    とんかつさま
    実は、こちらでも、ゴミの日でも無いのに、今朝は凄い「カラスの大合唱」でした。
    動物の本能は、太古の人間にもあったハズの地磁気や地表電位の変化を感じ取る能力だと
    私は解しております。
    体感者のそれは、太古の人間の能力を現代に持って生まれた方々だと考えれば、全く以て
    「オカルト」でも何でもなく、非常に科学的な考察も可能であると、私は思っております。
    実際に、私の知る体感者のツイと太陽磁場、地磁気の変動を付き合わせて相関を試算した処
    驚くべき事に、宇宙空間で起こっている変化と見事にリンクしていたのですよ。
    ですので、
    私自身も「耳鳴り」「横ずれ感」など、自分のロジックと対比して観察をしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA