海水温変化による震源域想定の検証と次の震源域について(その98)

このシリーズも 第98回目となりました。
(シリーズ化からは約1年半以上続いており、M4超で1週間検証し 平均対応率は8割程です)
◆実は過去記事を検索すると、2011/8/17「新発見か?「海面水温」平年差の分布と震源地の関係
 の中で、既に海水温の2週間差分に着目しており、この解析は、もう2年を過ぎました。
解説:[海水温度分布の平年差]の2週間の変化について、画像処理ソフトで差分を取り、
    次の震源域を想定します。(14日間の至近3日平均からその前11日平均を差し引く演算です)
    これまでの実績からは、温度変化の境界付近で温度低下側に震源が符合しております。
    また、実績から、温度変化の大きな海域も想定域としております。
仮説:なぜ海水温変化で震源域候補が判るのか?
    深海超高圧下の水は4℃一定(最大密度)熱伝導率は金属並みだと考えられます。
    ならば、マントル上部の温度変化が海水温平年差にも現れるハズです。
    実績から見て、その時定数(遅延特性)は数日~1週間と思われます。
    実際、毎週の海水温解析の対応率は8割で、非常に高い相関が認められます。
  ★この演算には、以下の理由から海上保安庁のデータを使用しております。
   ・図中に数字や境界線が入らないので、演算の邪魔にならないこと。
   ・瀬戸内海も表示できるので、より綿密な解析が出来ること。
   ・当日分まで反映されていること。 等々

以下は、先週10/24に臨時速報の震源域想定に、その後10日間の実績をプロットしたものです。
水温20131024WA
この間 M4超の地震は27回、うち25回が想定範囲内でした。対応率93%
外れた2回は、高温のまま変化の無かった海域での発震でした。
◆M4超の東日本集中度は9割でした。
◆さて、4ヶ月間も続く太平洋の高温域ですが至近は急激な低下⇔上昇を繰り返しており、
 これは解析を始めてから約2年の中でも特筆すべき異常事態だと考えておりました。

 そして毎週、繰り返し「巨大地震の前兆を捉えている可能性」について言及しておりました。
 皆さまご存知の様に、10/26 2:11福島沖アウターライズM7.1の地震が発生した訳です。
◆先週からの太平洋南東側の低温域は、再び上昇し拡大中です。
 引き続き、注意深く観察を続けたいと思います。

an_diff1103n.jpg
そして、次の震源域の想定は、以下の通りです。
想定範囲を南西諸島まで拡大。西は西表島、南は南硫黄島まで
水温20131103W
◆強震度想定域は、
 北海道~東日本(含アウター)、関東~東海・小笠原~南海、沖縄と広範囲です。
 
北海道は、東方沖がアウター側に大幅拡大。

 東日本は、青森東方沖、三陸アウターが大幅に拡大して完全復活。
 更に、福島~茨城まで広範囲に大幅拡大。
 関東~東海は、関東直下~東海、伊豆諸島で大幅拡大。
 南海は、四国海盆はるか沖が若干の拡大。
 南方は、小笠原~沖縄まで大幅拡大。
 大陸側は、ロシア東部沿岸で若干の縮小。(含超深発域)
太平洋・日本海の広範囲な高温域は、沿岸付近では上昇したまま平衡状態。
 (その他の範囲は、高温を保ったまま温度変化が無いため、黒くなっております)
 三陸アウター・東日本域の強震度域消滅⇔復活は、何らかの大きな変化を捉えている可能性あり。
 また、過去の実績から、急激な温度変化のあった海域では、低温側で発震の可能性が高まります。
解説:強震度想定域とは、
   海水温が急激に上昇した範囲で、過去の実績からM5超発震の可能性がある事を意味します。
   (橙線M4、赤線M5超を示唆)

では、また何か変化があれば、お知らせ致します。バイバイ


2 comments

  • SECRET: 1
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    震災クラス震度5強~の揺れはありそうですか?前にも書きましたが足をケガしてるのが致命傷で歩けません。大きめ来そうな時は分かる書き方お願いします。よろしくお願いいたします

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    読者より、至近で震災クラス(震度5強以上)の地震が発生する見込み
    について、ご質問がありました。
    土木学会公認の震度計算式によれば、震度5強となり得るのは、
    例えば、震源深さ10kmなら『M6.5以上で半径7km以内』の
    直下型地震となります。
    一方、予測A,Bロジックを見れば、M6以上を示唆する予測Aの最大値
    はM6.5に達しており、いつでも、この規模の地震が発生する可能性が
    あります。
    ただし、先ほど申したように、比較的浅い震源で直下型だけに限定すれば、
    ひの確率は比較的小さいものになります。
    然らば、今現在はどうなのかを「海水温解析」で確認すると、残念ですが
    今週は関東~東海で直下型のM5+発震を示唆するデータが出ております。
    このように、最大リスクの可能性をだけを見れば、今日明日にでも、関東で
    強震(震度5強以上)の発生する可能性は否定できません。
    問題は、その確率だと思いますが、今週に限れば
    筆者の経験から想定される確率は、予測A,Bロジックの特異点(AB差0.25)まで
    まだ40日以上あり、更に震源を内陸直下と限定するので、海水温解析の強震域
    の約10%の面積比から、おおよそ以下の計算値程度になるものと考えます。
    σ=(1/40日×10%)×7日=1.75% → 57日に1回の頻度
    これは、東京での震度5強以上の地震が2000年からの14年間で16回あり、
    平均で約320日に1回の頻度なので、単純計算で約5.6倍となります。
    ちなみに、東京での震度5強以上の地震は1930年からの総計が17回あり、
    内2000年以降に16回ですから、21世紀は正しく激動の時代なのです。
    BOPPO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA