スカイツリー in 茨城県庁25F

毎度のお付き合いをありがとうございます。

年も明け、今週の一仕事を終えたところで、少し時間に余裕ができたので、
以前から気になっていたスカイツリーの写真を撮りに茨城県庁の25Fにある
展望室まで行ってきました。

家を出たころは、筑波山もクッキリと見えていて結構期待してましたが、
展望室まで上がった瞬間、あ~ぁ筑波山もガスって白く霞んでるわ。
これでは、スカイツリーは望めそうもないか、と半分諦めながら双眼鏡を
向けると、ギリギリのところで、視野にスカイツリーのかげろうのような
陰影が見えました。

写真だと、
以下のような感じでコントラストを上げても何となくしか確認できませんが、
双眼鏡で見えたのも、この程度だったので、仕方ないところ。
SkyTree県庁20110108.jpg

ちなみに、牛久の大仏様は、写真でもハッキリと確認出来ました。
牛久大仏20110108.jpg

実は、ここでの写真撮影は、夏ごろから幾度となく挑戦してきました。

冬になって空気が澄んできたのを期待しましたが、今回は一応写真でも
確認できたので良しとして、次回は、更に条件の良い機会を見つけて、
納得がいくまで、再度挑戦したいと思います。

では、また。

金星探査機 あかつき その後5

毎度のお付き合いをありがとうございます。

年が明けて、すっかり忘れ去られようとしている金星探査機「あかつき」に、
新たな二つの計画案が浮上してきました。

当初、
6年後の再投入に向けた計画を検討していましたが、より確実に金星周回軌道に
乗せるため、一気に減速させて軌道投入させる当初の計画ではなく、徐々に減速
させて、5年後の2015年12月に金星がゆっくりと追いつくのを待ち伏せる
軌道投入方法が考えられているようです。

この方法の利点は、
計画が一年早まるため、観測機器の余寿命が期待できるのと、少しずつ様子を
見ながらの軌道修正が利くため、失敗のリスクが低減できることにあります。
ただし、最初の軌道修正を効率的に出来るチャンスがこの4月がリミットとの
ことなので、早急なエンジン状態の解析が望まれるところです。

あかつき:軌道再投入1年前倒し 「待ち伏せ作戦」を検討 [毎日新聞]

それと、もう一つ別の計画案は、この5年間のブランクに地球より内側を回る
小惑星(おそらく小惑星2003CP20のこと)に接近しながら観測しようというもの。
これらの内惑星域に属する小惑星の直接観測が成功すれば、世界初の快挙であり、
興味深いデータとなるのは必至であります。

あかつき、寄り道を検討 金星再挑戦までに小惑星観測 [朝日新聞]

失敗を別の成果に結び付けようとする志向は、もはやJAXAの真骨頂ではないでしょうか。
(もしや、転んでもただじゃ起きない関西人が多いとか。。。)

では、また。

パパサンタ その後(沢山の出会いに)

毎度のお付き合いをありがとうございます。

子どもたちは昨日の朝、いつもより早起きして、
「サンタさんからのプレゼントがあった」と言って大騒ぎ、
そして一心不乱にプレゼントを開けていました。

パパサンタのお役は、今年も無事完了です。

私は、ブログを始めてまだ5ヶ月ほどですが、そのお陰で
沢山の出会いがありました。

「ジョーカー7883さん」からは、鋭い洞察力のある言葉を。

「紘子.さん」からは、素敵な詩と写真を。

「shima船長さん」からは、何事にも一所懸命な奮闘ぶりを。

「ひろぴょん1さん」からは、普段は気づかないような身の回りの楽しい情景を。

「植木屋3さん」からは、素敵な情緒あふれる風景を。

まだまだ、沢山ありますが、このブログを始めて良かったなぁと、
最近になって、つくづく思うのです。

これからも、よろしくお願い致します。

では、また。

パパサンタ (出番です)

毎度のお付き合いをありがとうございます。

イブのご馳走を食べて、はしゃいでいた子どもたちも、
やっと、それぞれの夢の中に。。。

さて、そろそろパパサンタの出番です。

この子たちは、いつまで信じていられるでしょうか。
サンタクロース。

子どもは、当然にプレゼントを貰うことの楽しみを。
大人(親)になると、それは、ほどこす事への歓びとして続くのですが。

では、また。 メリークリスマス。

パパサンタ

毎度のお付き合いをありがとうございます。

さて、もうすぐクリスマスがやってきます。
街は、きらびやかな電飾が光り輝いてムード満点です。

子どもたちは、サンタさんにお手紙を書いて、お目当てのプレゼントが届くのを
心待ちにしています。
パパサンタは、子どもたちに気づかれないように、そのお手紙を探し出して、
イヴの夜に間に合うように買い揃え、その日に備えます。

パパとママは、サンタさんにプレゼントお願いしないの?
子どもたちの純真無垢な心が生む、微笑ましい質問。

子どもたちは、もちろん本物のサンタクロースが居るものと信じているので、
買った物が当日まで見つかってはならないのです。

うちの場合は、
納戸の奥に隠し、その前にティシュやらロール紙を置いてカモフラージュします。

去年は、長女が新型インフルエンザに罹り、家内隔離状態のままクリスマスを
迎えるハメになってしまったので、
どうか、今年は平穏な、良いクリスマスになりますように。。。

では、また。

1 405 406 407 408 409 419