お風呂の保温機能について(修正)

毎度のお付き合いをありがとうございます。

昨日のお風呂の話題で、
最近のガス給湯機は効率が上がっていて、お風呂のお湯を1℃上げるのに
4円ではなく、2.8円程度になっているそうです。エコ(ECO)なんですね。

そんなわけで、昨日のグラフも少し金額が下がったものとなります。
お風呂グラフ2.jpg

全体のコストは下がりますが、結果は昨日と同じ、保温機能は1時間程度までにして、
それ以上に時間の間隔が開く場合は、保温機能を使用せずに沸かし直した方がお得です。

また、この傾向は、熱源(ガス、灯油、電気など)によらず、お風呂の基本的な構造が同じ
なので、傾向は一緒になると考えられます。

段々とお風呂が恋しい季節となりますが、皆さま参考になりましたでしょうか。

では、また。

お風呂の保温機能について

毎度のお付き合いをありがとうございます。

話題が無かったこともありますが、
だいぶ、書き込みをさぼってしまいました。

さて、今回はお風呂の保温機能について考察してみました。

最近のお風呂は、お湯張りから足し湯、追い炊き機能まで
全て自動でこなす、凄い時代になったものです。

ただ、便利さの裏には多分ムダがあるのではないかと、
ふと思い、今回の考察となりました。

まず、お風呂の温度の様子について、自動運転(保温機能あり)と
何もしない場合のお湯の温度をグラフにしたのが、次のものです。
お風呂計算式.jpg
この計算から、40℃のお湯が39℃に冷める時間が判りました。
したがって、保温機能を使用する場合は、おそらくこの間隔で追い炊きを
繰り返しているものと考えられます。

ガスの場合ですと、標準的なお風呂で、お湯の温度を1℃上げるのに4円かかるようですので、
これを元に、保温機能使用時と、冷めてから沸かし直しした場合のコスト比較をグラフ化しました。
(一人目が入った後、次の人が入るまでの時間を保温機能を使用するか否かの比較をしました)
お風呂グラフ.jpg

結果を見ると、保温機能がコスト上有利なのは1時間程度までで、それ以上は自動運転を切って、
次の人が入る時に沸かし直す方が安いことが判りました。

やっぱり、便利さの裏には落とし穴があるのだと、痛感させられた考察でした。

では、また。

食べログ

毎度のお付き合いをありがとうございます。

最近、「食べログ」というものの存在を知りました。
食べ物関係(レストラン、料亭、居酒屋、菓子店など)の情報が沢山つまった、
ユーザーが皆で美味しい物やお店の情報を共有化できるWEBサイトです。

近所にインドカレーの専門店が出来たので、早速この食べログに投稿してみたら、
何だが、凄いことになってしまいました。

お店の名は、何度かご紹介しているSPICE INDIA(スパイスインディア)

Image224.jpg

お店のトップページを開くと、閲覧者の数(累計)が出るようになっていて、
最初の一週間は278人、次の週が720人で正にうなぎのぼりの様です。
今日(2010/10/7)見てみたら、1243人となってました。

このことを店主に伝えると、すぐさま是非こっちもと、掲載する写真データを渡されました

おかげで、今日はこの作業に1時間ほど取られてしまいましたが、マンゴーラッシーをご馳走になったし、
テイクアウトも50%OFFしてくれたから、ラッキーだったということで。
(ここでタダにしないところが、さすがインド人。商売は上手です)

出来あがって見ると、いや~我ながらご立派な出来栄え。

これでお店も繁盛、間違いなしでしょう
(ちなみに、当ブログのカウンターはやっと3000を超えたくらいなので、
 こりゃぁ~近いうちに[スパイスインディア]に抜かれますなぁ)

では、また。

時計の趣味2

毎度のお付き合いをありがとうございます。
時計ですが、私の手元には他にも写真の様なものがございます。
左から、ダンヒル、Mac-Aiトゥールビヨン、Mac-Aiクロノ、オーガストレイモンド
RIMG1093.JPG
ダンヒル(ミレニアム)
 もう、25年近く前、一番最初に買ったブランド物の時計です。
 当時、その価値も良く判らず何となくデザインで買ったものですが、
 考えてみたら、25年間も精度を保って動いている機械なのです。
 ブランド物が長持ちするものなのか。たまたま当たりだったのか。
Mac-Ai(トゥールビヨン)
 時計好きが企画して設計した作った手作りのノンブランド品です。
 実は、この時計はトゥールビヨン機構と言って、時計のカチカチしている
 「テンプ」という部分が1分間に1回転しながら、時を刻んでいます。
 いわゆる複雑時計の一種で、ブランド品だと何ん百万もしたりします。
 何でわざわざテンプごと回転するかは、長くなるのでトゥールビヨン
 見て下さい。
 数年前に文字盤を七宝焼き(エナメル)に交換してあります。
Mac-Ai(クロノ)
 同じく手作りのノンブランド品です。
 クロノとは、いわゆるストップウォッチが付いている時計のことです。
 日常生活でストップウォッチを使う機会はほとんどありませんが、
 機械の動いているところが裏から見える(スケルトン)ようになっていて、
 「オタク」は、こういうのを見いてるのが癒しとなるのです。
オーガストレイモンド(レギュレター)
 レギュレターとは、長針と短針が別位置についているものを言います。
 これは日本の時計メーカーですが、機械はスイスのETA社のものを使っています。
 実は、時計好きでも有名な「松本零士」さんも同じものを持っています。
 他の時計たちもご紹介しておきました。
 では、また。

時計の趣味

毎度のお付き合いをありがとうございます。

実は私、機械ものが大好きで、腕時計もお友達です。
って、昔よく言われた「オタク」さんです。

妻からは、いくつあっても腕は2本しかないてしょ。
と言われたこともありますが、これは趣味なので。

ここ最近、気に入って毎日ローテーションで身に着けているのが、
この4本ですね。
左から、ブランパン、フランクミューラー、パネライ、オリエント。
時計4a

ブランパン(エクストラスリム)
 中の機械はフィレデリック・ピゲ社のムーブを搭載していますが、
 この時計は、世界一薄い自動巻き時計で、薄さたったの7mmです。
 (機械本体は更に薄くたった3.8mmですよ。信じ難いです)
 やはり構造的に多少弱い面もあるようで、調整に出すと、なかなか
 戻ってきてくれません。
 気難しいのでしょうか、時計屋さん泣かせです。
フランクミューラー(ロングアイランド・クレイジーアワー)
 これは特に変わっていて、見ての通り、数字がバラバラに並んでいます。
 長針が12時方向になると、時間を表す短針が瞬間的に5時間分(次の数字)
 にピュッと飛ぶのです。(良く見ると数字は5つ飛びに並んでいるのですよ)
 だから、パッと見ると、今何時か迷います。変な時計です。
 夜は、針と数字がルミネ仕様になってるので、一応時間は判ります。
パネライ(ルミノール・マリーナ)
 デカイです。直径47mmあって、細腕の私には不釣り合いなのですが、
 存在感があって好きな時計です。(機械は懐中時計用をリユースしてます)
 元々は、イタリア海軍ご用達品だったようですが、夜間潜水用の造りで、
 ルミノールの名を付けるだけあって、針も文字盤もクッキリと良く光ります。
 一般向けに販売するようになったのは、つい数年前なので。
 結局マニア向けですな。シュワルツェネッカーも付けているらしいです。
オリエント(モンビジュ)
 フルスケルトン(骸骨)といって、文字盤を取り去って、中の機械の動きが
 見えるようにした、嗜好性のある時計です。
 もちろん、裏からも機械の動く様子を見ることができます。(スケスケです)
 もう、20年くらい使っているでしょうか。
 最近、革ベルトを茶系からオレンジ系に取り替えたら、見違えてカッコ良く
 なりました。

 今日は、2回目の書き込みでした。
 では、また。

1 405 406 407 408 409 414