余震はいつまで続くのか?その37 (過去の地震と月齢)

毎度のお付き合いをありがとうございます。

先ほど日付けが変わりましたが、いつも500超のアクセスをありがとうございます。

余震はいつまで続くのか?その3(次の歪域)」の回でご紹介したように、もしや次は関東直下型なのか
と、どうしても気になり、過去の直下型地震と月齢の関係を調べてみました。

・1855年11月11日 安政江戸地震 M6.9 月齢 1.3 震源域:東京湾北部
・1894年 6月20日  明治東京地震 M7.0 月齢16.7 震源域:東京湾北部
・1921年12月 8日  竜ヶ崎地震   M7.0 月齢 7.8 震源域:茨城県南部 
・1923年 9月 1日  関東大震災   M7.9 月齢19.4 震源域:三浦半島から房総
 (過去の月齢は、[Stella Theater Pro Ver3.00] によるものです)
地震と月3.jpg

どうでしょうか、4件中2件なので50%の確率とは言え、
やはり今回の余震頻度統計でM5.5以上の月齢との関係とほぼ一致するものがあります。

これは、以下の理由からも、単なる偶然だと片付けるには、確率が高いと考えられます。
・グラフから、余震頻度が平均の2倍程度を有意差の境界値とすれば、無作為に月齢を
 選択した場合の該当確率は、6/29.5日≒20%となる。
・したがって、巨大地震の4回中2回がグラフの相関と合致する確率は、以下となる。
 (20%^2)×(80%^2)=2.56%
・本来、無作為な月齢を選択した場合は、上記の計算から2.56%であるのに対し、
 実績が50%であるから、約20倍の高確率でグラフの相関と合致している。

仮の話で、次の震源域を茨城県南部とした場合に、同じ条件となるのは7/10前後です。
地震規模のM7級も、あと2日間でリセットが無いまま上昇を続けると、ほぼ合致します。

これは、私の「つぶやき」とでも、思って下さい。

ただ何となく、漠然と考えを廻らせていて、気になっただけのことです。

では、また。

余震はいつまで続くのか?その38 (注意報発令4)

毎度のお付き合いをありがとうございます。

昨晩も不発に終わってしまいました。
これで、通算10日間のリセット無しとなり、今までの記録更新。不気味です。

さて、グラフの方ですが、
実質3時間の空白時間の影響を受けて、予測曲線”“は現在値(7:00)でM6.478まで上昇しています。
震度の予測25.jpg

予測精度が±M0.24となりましたので、次は、最低ラインがM6.24となります。

注意報発令も最後の2日となりました。予定日時を再掲します。

  ------月齢--月出3h前--南中3h後--
 7/4(月)    2.8   不発でした  17:08
 7/5(火)    3.8    5:25    17:58

この機を逃すと、次の7/8以降はM7級になって、警報発令に切り替わります

どうか、この2日間でリセットが掛かりますように。。。

では、また。

余震はいつまで続くのか?その35 (注意報発令2)

毎度のお付き合いをありがとうございます。

おはようございます。
いつも、500近いアクセスをいただき、ありがとうございます。

昨晩も、不発でしたね。また、リセットにならず残念でした。
さて、グラフの方ですが、昨晩は適度に地震があり、予測曲線”A”も上昇は穏やかでしたが、
それでも、値は着実に延びており、今朝(7:00)でM6.396までの上昇です。
震度の予測23.jpg

予測精度が±M0.25ですので、今日は、最低ラインでもM6.15となります。

注意報発令は残すところ、あと3日となりました。予定日時を再掲しておきます。

  ------月齢--月出3h前--南中3h後--
 7/3(日)    1.8     (不発)    16:16
 7/4(月)    2.8    4:17    17:08
 7/5(火)    3.8    5:25    17:58

この機を逃すと、次の7/8以降はM7級になって、警報発令に切り替わります。

どうか、この3日間にリセットが掛かりますように。。。

では、また。

余震はいつまで続くのか?その36 (注意報発令3)

毎度のお付き合いをありがとうございます。

今日も既に400近いアクセスをいただき、ありがとうございます。

今日も結局、不発でした。。。また、リセットにならず残念です。
さて、グラフの方ですが、
これまでの適度な地震を反映して、予測曲線”A”の現在値(20:00)でM6.413です。
震度の予測24.jpg

予測精度が若干上がり±M0.24となりましたので、次は、最低ラインがM6.17となります。

注意報発令も残すところ、あと2日となりました。予定日時の再掲です。

  ------月齢--月出3h前--南中3h後--
 7/4(月)    2.8    4:17    17:08
 7/5(火)    3.8    5:25    17:58

この機を逃すと、次の7/9以降はM7級になって、警報発令に切り替わります

どうか、この2日間でリセットが掛かりますように。。。

では、また。

余震はいつまで続くのか?その34 (注意報発令)

毎度のお付き合いをありがとうございます。

おはようございます。
昨晩も、500近いアクセスをいただき、ありがとうございました。

さて、グラフの方ですが、昨晩は、
20時頃から5時間の空白時間があり、予測曲線”“が一気にM6.33まで急上昇してしまいました。
震度の予測22.jpg

今までの経験則から、この急上昇パターン後は、1~4日程度のうちにM6クラスの地震が発生しています。
今回は、既に予測値がM6.33であり予測下限でもM6.1以上なので、その条件は十分満たしております。

7/9までは、発生頻度こそ平均の1/2程度ですが、
この期間に地震が全く起こらないと言う保証はありませんので、念のためですが、注意報発令とします。

以下に、予想される時間帯を提示しておきます。

  ------月齢--月出3h前--南中3h後--
 7/2(土)    0.8    対象外    15:22
 7/3(日)    1.8    3:10    16:16
 7/4(月)    2.8    4:17    17:08
 7/5(火)    3.8    5:25    17:58

冷静に考えてみれば、
6/23のM6.7以降、リセットレベルの地震が今日で9日間も発生していません
過去にも、5/25~6/2に9日間の休止期間がありましたが、今回この最長記録に並びました。
そして、この急上昇パターンが出現したと言うことは、やはり危険信号です。

更には、M7級の可能性も、7/8まで早まってしまいました。

どうか、皆さまに於かれましても、不意の大きな揺れにご注意下さい。

以前、このブログでもご紹介した「緊急地震速報のPC版」[SignalNow Express]は、
震源域や到達震度、カウントダウン機能など、大変有効ですので是非のインストールをお勧めします。
(無料で利用出来ますが、簡単なユーザー登録が必要です)

また、リアルタイム観測網としては、
独立行政法人防災科学技術研究所が公開している「NEW 強震モニタ」がお勧めです。
これは、各地の震度計データから、最大加速度とリアルタイム震度を2秒更新で表示していますので、
本当にリアルタイムで、地震が伝わっていく様子が観測できます。

今後も、何か変化があれば、適宜お知らせしたいと思います。

では、また。

1 401 402 403 404 405 433