地球温暖化と低炭素社会への疑問 (自己検証)

毎度のお付き合いをありがとうございます。
前回、ご紹介した記事に関連して「黒点と気候変動」の関連性に触れましたが、実際のところ
どうなのか調査(自己検証)してみました。
データの諸元は、主に以下の論文から参照させていただきました。
中世の温暖期と近世の小氷河期における太陽活動と気候変動
-樹木年輪中の炭素同位体の分析から- 東京大学宇宙線研究所 宮原ひろ子氏
まずは、次のグラフを見てください。
宇宙線(高エネルギーの素粒子)と雲の量の関係についての時系列データですが、
これはもう、疑いの余地もなく直接的な関係が存在するとしか考えられない。
なお最近の研究によると、
雲の被覆率が1%変わると全球温度は3度変わると見積もられているそうだ。
宇宙線と雲.jpg
これを踏まえて、太陽活動(黒点数)と気候変動の関係について、以下の図にまとめた。
気候変動については、比較のため日本とヨーロッパのものを並べて記載した。
黒点氷河期.jpg
いかがだろうか、どう見ても気候変動の多くの要因は、太陽活動(黒点数)に他ならないと思えてくる。
いや、別の要因を差し挟む必要性を全く感じない。
さらに、近代における気温の上昇の程度も、過去の記録から見れば、自然の揺らぎの想定内と。
繰り返しになるが、太陽黒点と気候変動の因果関係は、
常に降り注ぐ宇宙線を太陽風(黒点が多い=磁気嵐が強い)が吹き飛ばし、地球への到達量を減らすと、
地表の雲量(による反射)が少なくなり、地表に届く熱量が増加するので、地球の平均気温が上がる。
更に、近年の太陽活動は、過去を1000年単位で見ても、中世の温暖期に並ぶ活発さとなっている。
ちなみに、
現在の温暖な気候は、約一万年前に氷河期を終えた間氷期に当たり、氷河学的に「氷河期」とは、
南半球と北半球に氷床がある時期を意味する事が多く、この定義によれば、グリーンランドと南極に
氷床が存在する現代において、我々は未だ氷河期の中にいることになる、らしい。
最後に、氷河による気候変動が過去の地球平均気温を10度前後も揺さぶっていることを考えれば、
今騒がれている人類の出すCO2の多いの少ないのと、どうでも良いファクターであり、誤差の範疇
と考えてしまうのは些か乱暴であろうか。
どう考えても、アラブ権力封印、原子力推進、炭素税、炭素排出権なるマーケット創設などによって
得をする大勢の人間の存在があり、全てがそれらの思うつぼに向かっているようでならない。
この辺りのモヤモヤは、
同じ楽天ブログ内の、「ジョーカー7883さま」による、
地球温暖化回避CO2削減世界音頭/三波春夫でございます
の回で、痛烈に解説されております。
では、また。


2 comments

  • SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは、BOPPOさん
    >宇宙線(高エネルギーの素粒子)と雲の量の関係についての時系列データですが、これはもう、疑いの余地もなく直接的な関係が存在するとしか考えられない。
    見事に重なっていますね。これは「モー」ですよね(笑)。
    東京大学宇宙線研究所の方も、「中世の温暖期と近世の小氷河期における太陽活動と気候変動」なんて柔な学術論文風の表題でなしに、もっとセンセーショナルに問題提起する必要を感じます。これでは、そこに地球温暖化の真相が述べられていることなど、皆、気付かないでしょうから。
    「地球温暖化の真相/(副題)中世の温暖期と近世の小氷河期における太陽活動と気候変動から考える」くらいでないと人目を引かないですね。本来の主題は地球温暖化なのに、そのことを前面に押し出して提起しないと「脇道」の話に見えてしまいそうです。
    正しい情報が広く伝達され、緩やかにブレーキがかかる方向が望ましいですね。
    丁寧な検証、ありがとうございました。

  • SECRET: 0
    PASS:
    ジョーカー7883さま、コメントありがとうございました。
    短期間でしたが、WEB上を丹念に注意深く彷徨いながら、これほど見事な客観的データ(事実または真実)に行き着くとは思いもしませんでした。
    この後も、これに類する論文が数多く出されれば、世の流れもCO2音頭から単にEco音頭(高効率化は科学の常)に変わるやも知れませんね。
    このデータを見つけた時、私は確信に近いものを感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA