余震はいつまで続くのか?その31 (直前予測6)

毎度のお付き合いをありがとうございます。

今日は、既に600近いアクセスをいただき、ありがとうございます。

今朝は、
会社に着いて早々にM5.5の地震があって、慌てて携帯からブログの更新となりました。

その後、残念なことに
この地震について気象庁がM5.4へと下方修正しておりますので、完全にリセットレベル(Mw=5.6以上)
からは、ほど遠い規模となりました。

つい先ほど(19:22)、M5.3の地震もありました。
今日は、地震回数が多いようですが、先ほどのM5.3を入れても、午前0時からの累積合成Mw=5.64。
かろうじてリセットレベル域には達しておりますが、リセットの条件は、1回の地震でM5.6以上ですので、
引き続きM6級への注意は継続となります。

ちなみに、
エネルギー比率で言うと、M5.6/M5.4=10^[1.5*(5.6-5.4)]=1.995となって、
ほぼ2倍の開きがあります。

さて、前置きが長くなりましたが、今回は、直前予測シリーズの第5弾となります。

今現在(PM7:30)のグラフは、以下のようになっております。
震度の予測19.jpg

昨日との違いは、
このままリセットが掛からない場合に、M7級となる日にちが7/12と、一日延びた程度です。

さて、残されたチャンス?は、以下の日時で最後となりました。再掲します。
  ------月出3h前--南中3h後--
 6/30(木)   翌1:01    (不発でした)

どうか、このタイミングで、リセット(M5.6以上)が掛かることを祈っております。

この後、新月から月齢8までは、M5.5以上の発生確率が平均の1/2以下で推移します。

したがって、7/12以降、M7級が地獄の門を開いて待っている可能性が更に高まります。

今後も、何か変化があれば、適宜お知らせしたいと思いますので、よろしくお願い致します。

では、また。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA