南米チリでM6.7の直下型地震発生!

速報です。 (今日は整形へ通院のため午後お休みしております)
先ほど 4/17 12:59(JST)南米チリでM6.7(D=37km)の直下型地震が発生しました。
USGSによると、Casablancaなど人口68,000人がメリカル震度7の揺れに襲われたようです。
USGS69.jpg
私の知る限りでは、一番情報の早い下記のリンクでも、詳しい被害情報はまだありませんが、
リポートを見ると、特に強い揺れは30秒以上続いていたようです。
ソース元 [earthquake report in the World/世界の地震情報]
私の考案した簡易震度計算では、
S=Log10(10^(1.5*M6.7)/(37km/5)^2)/1.5 = 5.54 は、日本の震度6弱に相当します。
かなりの被害が予想されます。
ちょうど、本日の予測表の急変点(ピーク)に該当する時間帯での発震でした。
この地域では、
過去にも1985年にM7.9の地震で177人が死亡、2575人の負傷者、多くの建物損壊がありました。
この後、大きな余震が来ない事と、死傷者の出ない事を祈ります。
I pray for all the worlds.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA