また。北イタリアでM5.8直下型地震発生!

速報です。
本日 5/29 16:00(JST)北イタリアでM5.8(D=10km)の浅発の直下型地震が発生しました。
USGSによると、震央に近いMirandolaなどで人口52,000人がメリカル震度7の衝撃に襲われたようです。
ちょうど今日の魔のくぼみに差し掛かかる時間帯での発震でした。
ここは、5/20にもM6.0(D=9km)の地震で7人の死亡者を出した震源地から、西に12kmの場所です。
USGS82.jpg
私の知る限りでは、一番情報の早い下記のリンクでも、まだ断片的な情報しかありませんが、
強い揺れは30秒ほど続き、既に9人の死亡者と200人以上の負傷者が確認されているようです。
ソース元 [earthquake report in the World/世界の地震情報]
[5/30 7:00(JST)現在 17人死亡、12人行方不明、350人負傷]
私の考案した簡易震度計算では、
S=Log10(10^(1.5*M5.8)/(10km/5)^2)/1.5 = 5.40 は、日本の震度5強~6弱に相当
先の震災に追い打ちをかけられ、深刻な被害が予想されます。
その後も、17:25,17:40(JST)と立て続けに、震度4程度の余震があったようです。

[5/29 19:55(JST)震度5強、20:00(JST)震度5弱、5/30 3:28震度4の余震あり]
◆先日来申しておりますが、私が今一番危惧しているのは、
 ここ数週間は、磁気嵐ロジック確率に相当する地震が、世界的にも殆ど発生していない事です。

磁気嵐によるエネルギーは必ずどこかに歪みとして蓄積され、今や遅しとトリガーを待っています。

今般の犠牲者に追悼の意を表すると共に、この後大きな余震が来ない事を祈ります。
I pray for all the worlds.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA