深発地震から後発地震までの遅延特性の見直しと今後の想定

笑顔 毎度のお付き合いをありがとうございます。
今日の有感地震は未だ3回と異常にな少いですね。

ツイートでもお知らせしましたが、
深発地震から後発地震までの遅延特性の元データについて、昨日分まで反映しました

(調査期間は165日間となります)
そして、
本日の三宅島近海M2.6(D149km)深発地震に伴うグラフを書いてみると、
以下のように、10/23(火),10/25(木)が高くなっております。

震度の予測274c
まだ、この解析を始めて日が浅いので、参考程度に見て戴きたいのですが、
一応の正解率を出せば、6/10=60%程度です。
一方、本日はグラフが低いにも関わらず、2回のM4超が発生しているなど、
必ずしも、全ての発震を捉えてはおりませんが、大体の目安程度にはなるかな
とは思っております。

では、今夜はこれにて失礼いたします。バイバイ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA