カナダ北西部でM7.7(D17.5km)の直下型地震発生!

ツイートでは、既にお知らせしておりますが、これまでの経過をここにまとめておきます。
10/28 12:04JSTカナダ北西部でM7.7(D17.5km)の直下型地震発生。
震央では震度6強で、半径35km以内の約1万5千人が震度6弱の中に居たと考えます。
現在も、アラスカ~北米西部一帯~ハワイなどの太平洋沿岸一帯に津波警報・注意報が発令中です。
ハワイのオアフ島東部の町、マカプでは最大予測41cmに対して90cmの津波が観測されたもよう。
USGS184.jpg
私の知る限り一番情報の早い[earthquake-report]でも被害状況は未だ不明なようです。
M7級のエネルギーの凄さは、言うまでもありませんが、
F-Netで確認すると、約6,800km離れた日本にも10分弱 11.4km/s(マッハ34)で地震波が届いていました。
USGS183.jpg
やはり、もの凄いエネルギーです。
カナダ地震の余震ですが、
M4以上が本震後7hで24回発生。これまでの最大余震はM5.3(10km)で、震央で震度4程度ですが、
GR則からはM-1なる、M6.7発生の可能性も残ります。

USGS185.jpg
それから、今回のM7超の発震については、
いつも、磁気嵐が来る度にデータ更新してご紹介している磁気嵐ロジックは一昨日で終息後しており、
正直、驚いている処です。
しかしながら、以前にも似たようなケースがありました。
前回は、磁気嵐ロジック確率が高い時期の発震が少なく、やはり磁気嵐ロジック終息後にM7超の発震
ありました。(10/1 コロンビアM7.3です)
磁気嵐解析806b
今回もこれと同様に、
磁気嵐ロジック確率が高い時期の発震が少なく、磁気嵐ロジック終息後にM7超の発震となりました。

磁気嵐解析806a
今はただ、大難を小難に祈るのみです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA