カナダM7.7地震の余震からGR則でM9の可能性を試算

昨日10/28 12:04JSTカナダ北西部でM7.7(D17.5km)の直下型地震が発生しました。
そして、その後の余震もM6.3を最大に、これまで50回が発生しております。
USGS187.jpg
さて、拙ブログでは、
これまでに、世界各国で発生している群発地震についてGR則による見通しをご紹介して来ました。

今回は、本震から現在までの17h弱で、余震が合計50回以上発生しており、
データ数的に、それなりの精度が期待できると判断しての試算です。

以下、地震の時系列とGR則の試算結果です。
震度の予測283
ご覧のように、
今回の試算ではM9発生の可能性が11/2までに97.7%とかなりの逼迫度であることが判ります。

311東日本震災の時は、2日前にM7.3の前震があり、本震がM9でした。
 今回の余震データを見ると、東日本震災時と時系列が非常に酷似しており、
 M7.7を前震と考え、この後の本震をM9に設定致しました。

願わくば、この計算が外れる事を祈ります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA