深発回数とM5超発生との関係 [新しい発見!]

笑顔 毎度のお付き合いをありがとうございます。
先ほどツイートでお知らせしましたが、
過去3ヶ月(10/1~12/23)の深発回数とM5超発生との関係を調査しました。
深発回数とM5
この間M5超34回、内26回の76%が深発回数4回以下の日に発生
更に、12/7M7.3以降4日間は余震の影響としてデータ除外すると、26/29=90%が該当
これは、素晴らしい新発見です!

◆今回の調査結果から、
 今後は深発連動グラフが「超警戒レベル」でも、当日の深発回数が5回以上となった時点で
 「超警戒解除」と致します。

 何せ信頼度90%です、無視する訳にはいきません。
 そして、本日は既に5回なので「要警戒解除」とします。
 本日はこれまで。では、おやすみなさい(-_-)zzz
[謝辞]
今回の解析に使用したHi-netデータは、ツイッター仲間の@mincstty氏過去のデータを見られるように
プログラミングして下さり、私が解析出来る環境を整えて戴き、実現したものです。

この場を借りて、@mincstty氏のご尽力に感謝申し上げます。


2 comments

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    たった3ヶ月分のデータで結論出すのはいかがなものかと・・・。
    大地震の周期って数十年~数百年、数千年でしょう?

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > たった3ヶ月分のデータで結論出すのはいかがなものかと・・・。
    > 大地震の周期って数十年~数百年、数千年でしょう?
    私は、既に世界的な「激動期にある」と考えております。
    したがって、調査期間を延ばしても、現在の傾向は変わらないと判断しました。
    その理由は、USGSデータで2000年頃から世界的にM8超の巨大地震が、
    その前の100年と比較し数十倍の頻度に成っている事に依ります。
    BOPPO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA