カナダM7.7とアラスカM7.5の震源が連続断層だったら?

唐突ですが、急に思いついたのでメモとして記録します。
10/28カナダM7.7と1/5アラスカM7.5の震源地は僅か330km
仮に連続断層として動けばM8.64規模の可能性も出てくる。
USGS241.jpg
奇しくもGR則からカナダM9発生時期を見た84%点は1/5だったのです。
(右側のグラフ下段です)
震度の予測299
◆これらから、最大リスクを考慮すれば、
 2月初旬頃までに、この330kmを連続断層としたM8超規模の発震の可能性
 考えるべきではないかと、ふと今、気が付きました。


One comment

  • C静岡@関西

    SECRET: 1
    PASS: f599d5667952c195d6c8180a0717deba
    宏観版に経過を書き込みました。
    ttpスラスラwww.progoo.com/rental/normal_bbs/bbs.php?pid=11087
    福井のラドン爆縮~収束ですって。
    予測箇所が難しいですよね。
    鉄板背負いで九州の火山が怪しそう?浅間山の
    放射線の波形は西日本の火山と違うので、
    感謝ttpスラスラnew.atmc.jp/pref.cgi?p=10#d=w
    ユーラシア・プレートの火山か発震?
    γ線急上昇時のいつものフィリピン海プレート南端の被害規模?
    被災地のはるか沖合?
    伊豆・小笠原方面?
    ★絶対、プレート境界の割れ目のγ線由来の気がします。真下の犬吠えは間欠的・短時間なので山崎断層じゃあナイ予感です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA